親子で作ろう!冬の朝食にぴったり!「エッグスラット」

Food Recipe 親子で作ろう! 元気が出る食卓


冬の朝食にぴったり!
「エッグスラット」

随分と冷えるこの季節、寒い朝には温かい朝食がうれしいですね。人の体温は寝ている間に下がるため、朝は最も体温が低い状態となっており、また空腹で血糖値も下がっています。体のエンジンをスム-ズにかけるには、冷たいものよりも温かいものを食べた方が、体温が上がりやすく、また消化が良いので胃腸に負担もかかりません。

体を温め、体温を上げることは免疫力を高めることになり、風邪やインフルエンザなどの感染症予防につながります。簡単でしかも栄養の取れる温朝食、例えば、お餅入りの味噌汁や卵入り雑炊、市販のス-プの素に冷凍野菜をプラスするなど、ちょっとした工夫をしてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介する1品は、アメリカ・ロサンゼルスにあるレストラン「Eggslut」(Web: www.eggslut.com)の朝食メニューとして、最近人気を呼んでいるジャガイモや卵を使った料理です。このエッグスラットは、お肉や魚料理など、メインの添え野菜としても重宝しています。

作り方は難しくなく、瓶にポテトを詰めたり、卵を割ったりする作業はお子さんにもお手伝いしてもらえそうですね。マッシュポテトは電子レンジで当日作ることもできますが、前日に瓶に詰めるところまで済ませておけばもっと簡単にできます。ぜひ一度お試しください。

「エッグスラット」レシピ

材料(2人分) 1cup=250ml 、1TBS=20ml、1tsp=5ml

ジャガイモ 1個
バター 10g
生クリ-ム 50g
コンソメ・パウダー 1/2tsp
チーズ 2TBS
塩、コショウ 少々
2個
バゲットのスライス 適量

作り方

① マッシュポテトを作る。皮をむいて適当な大きさに切ったジャガイモをゆでる。柔らかくなったら、ゆで汁を捨てて空煎りし、余分な水分を飛ばす。なめらかになるまでポテト・マッシャ-でよくつぶす。熱いうちに、バター、生クリ-ム、チーズを加え混ぜる。塩、コショウで味を調える。

② 小さめの瓶に、①のマッシュポテトを7分目くらいまで詰める。表面を平らにしたら、生卵を割りいれ、瓶のフタをきっちり閉める。

③ 鍋の中に②の瓶を置き、沸騰した湯を瓶が完全に浸るまで注ぐ。火にかけて、中火で約10分加熱する。卵が半熟状態になっていたら、出来上がり。朝食の場合は、オ-ブンで焼いたバゲットを添え、マッシュポテトと卵をその上に乗せて食べるとおいしい。





才川須美(さいかわすみ)
プロフィル◎管理栄養士&食育インストラクター。現在、シドニーで料理教室を開催中。大人気の子ども向けホリデー・プログラムでは、裁縫と料理を合わせた「家庭科クラス」を開催(毎回、ウェイティング・リストが出る人気のクラス。お申し込みはお早めに)。大人向けには、月1回、昼間に開催されるクラスと土曜日の夜に開催されるクラスで、日々の献立に使えるいろいろな料理を紹介。夜のクラスでは、ワイン片手に楽しく料理が学べる。
 2016年の大人クラスは、◇魚の卸し方、漬け込み、干物、◇塩豚を使った献立いろいろ、◇懐石料理など、オーストラリアの食材を使った和食を中心に紹介する。
Web: http://www.sumiskitchen.comwww.facebook.com/sumiskitchen.sydney

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る