日本語でIELTSを学べる「プラスワンポイント」

日本語でIELTSが学べる「プラスワンポイント」

ビザ取得・留学に必須のIELTSを短期間でスコア・アップ!

ビザ申請や留学時には、英語能力を証明するIELTS(International English Language Testing System)のスコアが必要となることが少なくない。しかし、勉強法が分からない、短期間でスコア・アップしたいなどの悩みを抱える人もいるだろう。そんな人はIELTSを熟知した講師たちが日本語で分かりやすくスコア・アップをサポートしてくれる「プラスワンポイント」へ相談してみてはいかがだろう。

初心者から上級者まで幅広く対応

オンライン・レッスン中のバイリンガル講師Momo先生
オンライン・レッスン中のバイリンガル講師Momo先生

IELTSは英語能力判定テストの1つで、ビザ申請、留学のための個人の英語能力を証明するために使用できる。申請するビザの種類や志望する学校によって必要とされるスコアが異なり、受験者はそれぞれの目的に合わせたスコアの達成を目指している。ビジネス・ビザでは4.5~6.0以上、永住権では5.0~8.0以上、留学では5.5~8.0以上が要求される。読む、聞く、書く、話すというそれぞれの科目でバランス良くスコア・アップをしなくてはならないことに加え、短期間での目標スコア達成は大変難しいため、ビザ取得や留学への最終関門がIELTSのスコアという人も多い。

IELTSのスコア・アップに特化した学校「プラスワンポイント」では、レベル別、目的別に最短で目標スコアを達成するためのノウハウを日本語で学ぶことができる。初めての受験で何をして良いか分からない人や、何度も挑戦しているのにスコアが伸びないという人は、的確で丁寧なアドバイスが受けられる同校に一度問い合わせてみることをお勧めしたい。

10回の受講でリーディングが2.0から5.0に!

IELTSには、ジェネラル・モジュールとアカデミック・モジュールの2種類があり、同校によれば、ジェネラル・モジュールのリーディング試験の難易度は近年大幅な上昇傾向にある。出題傾向が変わり、単語数も増加しており、書店で入手できる過去問題集と実際の試験では難易度に大きな差が存在する。このため、ジェネラル・モジュールのリーディングで苦戦を強いられている受験者は非常に多い。

同校ではこの傾向への対策を徹底的に講じており、受講生の成果も確実に上がっている。ある受講生は、独学では何度受験しても4.0だったリーディングのスコアが、受講後には5.5にまで伸びた。また別の受講生は、たった10回の受講でリーディング・スコアが2.0から5.0に上がるなど、短期間で確かな実力が身に付いているのが分かる。

ライティング7.0の壁を突破する秘策!

永住権申請や留学、専門職の免許登録では、必要なスコアが7.0以上というケースもある。この場合、最も難しいのがライティング。IELTSのライティングは、たとえネイティブでも平均スコアは6.5と難しく、ただ英語の正確性だけが問われるわけではない点に注意する必要がある。語彙や文法といった英語力の他に、回答の内容や「自分の意見を筋道立てて論理的に伝える」ための構成力なども重要な採点基準だからだ。

プラスワンポイントではその採点基準を徹底的に解明し、7.0以上を達成するための独自の対策を確立している。今までの勉強方法や考え方とは異なる方法を取り入れることに戸惑う受講生もいるが、最後にはしっかり納得し、明らかな上達が見られる。7.0以上のハイスコア達成を果たした同校の卒業生は、オーストラリア国内外で、医師、看護師、教員などさまざまな分野で現在活躍中だ。

教室でもオンラインでも受講が可能

サウスポートにある教室での対面授業の他、スカイプを使用したプライベート・レッスンもあり、自分のスケジュールに合わせて受講が可能(予約制)。仕事のため平日に時間がないという受講生は、土日や夜間、早朝などの時間帯にも利用できフレキシブルに授業を受けられる。グループ・レッスンは3~4人の少人数制。同レベルの目標がある日本人で構成されるため、ストレスを感じることなく学習できると好評だ。

経験豊富な講師陣と親身なフォローアップ

講師は全員Overall 8.0以上のスコアを保持。日本人特有の弱点をよく理解しているので、的を射たアドバイスをしてくれる。分からない点があれば日本語で質問できるため、内容をしっかりと理解し、実践するために大変効率的である。

更に講師たちは授業の質の向上の研究に余念がない。過去問題、近年の出題傾向、採点基準などあらゆる点からIELTSを分析。その結果からより効率的にスコア・アップできるノウハウなどを授業に反映させている。

加えてレッスンとは別に、受講生1人ひとりと定期的に話をする機会を持ち、進捗状況などを確認して受講プランを修正するなど、目標達成へ導くフォローアップも万全だ。

オーストラリアでの永住や進学を目指すなら、ほとんどのケースでIELTSのスコアが必要になる。あなたもプラスワンポイントで夢を実現するための第一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。

PlusOnePoint

■住所:Southport Central Tower 2, Commercial Level 1, 2102 / 56 Scarborough St., Southport ■Tel: 0416-592-900 ■Web: ielts.jp ■Email: admin@ielts.jp ■営業時間:6AM~2AM

目標を達成した受講生からのメッセージ


Mayu Sekiguchiさん

【スコア】Listening 6.0, Reading 6.0, Writing 6.0, Speaking 6.0

「IELTSの勉強を始めた頃は、英語の参考書の内容は分からず、語学学校でもなかなかスコアは上がらず……。今考えればたくさんの時間を浪費していたのだなと思います。知人の紹介でプラスワンポイントに出合い、この学校は『かゆいところにしっかり手が届く孫の手的な学校!』だと思いました。私が知りたかったことにサラサラと答えてくれるのです。聞きたいことを日本語で聞ける、なんてストレス・フリーな授業! 苦手意識の塊だった英語の勉強にとても前向きになり、特に嫌いだなと思っていたライティングは、最終的に7.5までスコア・アップしました。IELTSを経て、私は永住権を無事取得することができました。今はローカルのレストランでお仕事をしています。英語のみが飛び交う環境に立って、昔はビザ取得のためだと思っていたIELTSの勉強が仕事でとても役に立っています。IELTSをパスするということは本当に大変ですが、合格した時の喜びは何にも代え難いものがあります」


Takaaki Moriさん

【スコア】Listening 7.5, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0

「独学や他のスクールでIELTSの勉強を行って、スピーキング、ライティング共に6 . 5までは到達することができたものの、目標である7.0にはなかなか届かずプラスワンポイントの受講を決めました。ライティングは高得点を取るためには、難しい語彙や構文を使うべきだと思っていたのですが、その考えを一切捨てるように言われ、論理性や首尾一貫性を中心に指導して頂いたおかげで最終的に7.0をとることができました。日本人の特徴かもしれませんが、スピーキングもライティングと同じように正しく答えないといけないと思っていたのですが、それが流暢さを損なっていたのです。難しい問題や解けない問題を『分からない』と言うことと、実際の出題リストを使いながら練習をすることで、こちらも7.0を取得することができました。講座では他の生徒さんのエッセイやスピーキングを聞くことでモチベーションの維持につながりましたし、無料の担任レッスンでは個々に合わせた指導をして頂けたおかげで目標スコアに到達することができました」


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る