QLDで安全・快適ライフ/偽札

QLDで安全・快適ライフ

警察とコミュニティーをつなぐ日本人ポリス・リエゾンが、クイーンズランド州で安心な生活を送るためのアドバイスや安全情報をお届けします。

第39回 偽札

オーストラリアの紙幣は最新のテクノロジーで作成されているのですが、昨今、偽札の被害が届けられています。偽札だと気付いた場合は、すぐに最寄の警察署に届け出てください。

オーストラリア・リザーブ・バンクのウェブサイトに、偽札の見分け方が詳細に解説されていますので、ぜひご参照ください(Web: www.bit.ly/2CKP95a)。

偽札の見分け方

  • プラスチックかどうか。
  • 光にかざした時に、オーストラリアのマーク(エミューとカンガルーのデザイン)が見えるか。
  • 光にかざして星印を見てみると7つの先端を持つ星がきちんと裏表でマッチするはず。
  • 透明な窓の部分を確認し、白の印刷は簡単には取れない。
  • 印刷には、わざと盛り上げた印刷を施した部分があるため、触ると凸凹している。
  • 虫眼鏡でよく見るとマイクロ・プリントと呼ばれる極小の文字で書かれたデザインがある。
  • UVライトに照らすと光るプリントが施された場所がある。

偽札と承知で保持することは犯罪です。もしも、偽札ではないかと疑った場合は、州または連邦警察に届けましょう。

偽札だと疑いがある場合

  • ・できる限り触らずにすぐに封筒などに入れる。
  • ・どのように入手したかをできるだけ詳細に記録する(誰から受け取ったかなど)。
  • ・すぐに州警察または連邦警察に届け出る。

あなたには疑わしいお札の受け取りを拒否する権利があります。重要なことは、どのような状況であれ、あなたやその他の人の安全が一番重要であるということです。

■その他の情報
Tel: 1800-633-220(月~金8:30AM~5PM)
Email: banknotes@rba.gov.au

■読者Q&A

Q: 知人にお金を貸したのに、返してくれません。

A:数年前から東南アジア人による日本人ワーキング・ホリデー・メーカーを狙った詐欺が報告されています(現在、この犯人は捕まっていますが、いつ釈放になるか不明です)。言葉巧みに話し掛け、現金を借りるフリをしてお金を騙し取ります。
 通常、お金の貸し借りは民事になりますので、警察の介入は難しくなります。しかし、上記のように多くの被害者がいる場合は警察が犯罪として動くことが可能です。
 とは言え、まだオーストラリアに来てわずかな年月の人は、現地で知り合った人物とお金の貸し借りをしないように心掛けてください。どれだけ仲の良い知人であっても、万が一お金を融通する場合は借用書を書いてサインをもらうようにしましょう。

ご質問、お問い合わせは以下で受け付けています。
TEL: (07)5581-2840
Email: CrossCulturalGoldCoastPolice@police.qld.gov.au
WHメーカーの安全情報フェイスブック・ページ「Working Holiday & Victims Support Group」「いいね」してフォローしてくださいね。


平野尚道
クイーンズランド州警察ゴールドコースト地区・日本担当リエゾン・オフィサー。ゴールドコースト日本人会の会長職を8年務める。移民サポート非営利団体MCCGCにて異文化育成担当として9年勤めた後、州警察のリエゾン・オフィサーに就任。現在、日本人コミュニティーと警察の架け橋として活動中。2009年に在ブリスベン日本国総領事館より在外公館長表彰、14年にゴールドコースト市オーストラリア・デー文化功労賞を受賞

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る