春のフラットヘッド

今の季節のフラットヘッドは大型が多い
今の季節のフラットヘッドは大型が多い

第123回
クイーンズランド州の釣り情報
フィッシング・ライター:金園 康秀
(YASU=ブリスベン在住)

春のフラットヘッド

春になった10月は大型のフラットヘッド(コチ)の本格的なシーズンの到来と言えます。

この時期は産卵を控えた大型のフラットヘッドが水深の浅い場所に餌を求めて回遊してくるので、比較的簡単に狙うことができます。冷凍のエビやイワシなどを丸ごと1匹付けた餌や、ボラやへーリングと呼ばれる小魚を生きたまま付けた仕掛けを岸から軽く投げて狙う釣り方が一般的です。

おなかの卵を育てるために攻撃的になって餌にアタックしてくるので少し大きめで目立つルアーやフライで移動しながら探って釣り歩けば90センチを超えるようなサイズのフラットヘッドも夢ではありません。ただ、クイーンズランド州のレギュレーションでは、全長が40センチ以下の場合か70センチを超えるフラットヘッドは放流しなければなりません。

毎年、9月下旬から10月初旬の3日間(今年は9月27日より)、ゴールドコーストでは「フラットヘッド・クラシック」という釣り大会が開催されます。毎日の釣果と3日間の総合釣果で表彰され、ボート一式などかなり豪華な賞品や高いエントリー費用に見合う賞金が用意されているので有名な大会です。

水面で首を振って針を外して逃げられることも多い
水面で首を振って針を外して逃げられることも多い

大会では2、3人でペアになってルアーやフライで釣り、釣り上げたフラットヘッドは大会で配布されるメジャーの上に乗せて写真を撮ることが決められています。そして、その大きさによって決められたポイントの合計スコアを競い合うというキャッチ&リリースを前提としたスポーツ・フィッシング・イベントして世界的に注目さているようです。ゴールドコースト近辺に在住のアングラーたちは来年の大会に参加されてみてはいかがでしょうか。

オーストラリアの釣り情報
Web: www.fujimaru.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る