2016年3月 ニュース/総合

サンドイッチ感覚の軽食としてオーストラリア人に親しまれている「スシロール」
サンドイッチ感覚の軽食としてオーストラリア人に親しまれている「スシロール」

日本産食品などの対豪輸出額121億円
5年で倍増-日本食人気追い風に

オーストラリア市場での日本食人気を背景に、日本からの食品などの輸出が伸びている。2015年の日本産農林水産物のオーストラリア向け輸出額は121億円と前年比28.1%増加し、前年に続き過去最高を更新した。日本の農林水産省が2月2日に発表した「平成27年日本産農林水産物・食品の輸出実績」で明らかになった。

オーストラリア向けの同輸出額は、国・地域別で9番目に多い。5年連続で増加しており、10年(53億円)の2倍以上に増えた。品目別で最も多いのは清涼飲料水(20億円)。次にソース混合調味料(15億円)、アルコール飲料(14億円)などが多い。アルコール飲料の内訳は、ビール5億円、ウィスキー4億円、日本酒3億円などとなっている。

オーストラリアは人口が約2,300万人と市場規模が比較的小さいため、世界全体への輸出額に占める割合は1.6%にとどまるものの、人口比の需要で見ると食文化の似ている欧米諸国ではトップクラスだ。ただ、オーストラリア政府の検疫規制が厳しいため、日本から輸入できない品目が多いことがネックとなっている。価格が低いオーストラリア産や第3国産の食材で代用できるケースも多く、日本の食品メーカーや生産者にとっては、価格競争力の強化や付加価値の訴求も課題と言える。

世界全体への輸出額も7,452億円と21.8%増え、過去最高を更新した。日本政府は農林水産物の輸出拡大を成長戦略の柱の1つとしている。20年までに輸出額1兆円の目標を掲げているが、中間目標の7,000億円を1年前倒しで実現するなど好調に推移していることから、1兆円達成の前倒しを目指す。


オーストラリアからの訪日者数は航空座席の供給拡大などを追い風に急増している(Photo: JNTO)
オーストラリアからの訪日者数は航空座席の供給拡大などを追い風に急増している(Photo: JNTO)

15年の豪訪日客数、37万人超
前年比24%増、過去最高更新

日本政府観光局が1月19日に発表した2015年の訪日外客数の推計値によると、同年にオーストラリアから日本を訪れた外客数は37万6,200人と前年比で24.3%増加した。前年(30万2,656人=同23.8%増)に続いて過去最高記録を更新し、高い伸び率を維持した。国・地域別では7番目に多く、国民1人当たりの訪日需要で見ると、ライフスタイルが似ている英語圏では群を抜いて高い。

昨年1月に発効した日豪経済連携協定(EPA)や航空路線の新規就航が追い風となり、ビジネス需要も好調だった。月別では、5月に大型クルーズ船が寄港したことで前年同月比33.9%となったほか、8月にはカンタス航空による羽田−シドニー線と成田−ブリスベン線の新規就航に合わせたキャンペーンで36.8%増を記録した。紅葉やスキーの人気も高く、11月と12月も30%台の高い伸びが続いた。

世界全体の訪日客数も1,973万7,000人と47.1%増加し、大阪万博が開かれた1970年以来45年ぶりに訪日外客数が出国日本人数を上回った。円安の定着やビザ発給要件の緩和、消費税免税制度の拡充などを背景に、主要20市場のうち19市場で過去最高を記録した。日本政府は東京五輪が開催される2020年までに訪日客数年間2,000万人の目標を掲げているが、このまま伸びれば4年前倒しの達成がほぼ確実となった。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る