VIC州、新たに208人が国内感染陽性と判定

接種動機付けにイベント入場接種証明提示検討

 9月3日付ABC放送(電子版)は、VIC州政府の発表として、9月2日午後8時までの24時間に新たに208人がコロナウイルス陽性と判定され、また、1人がコロナウイルス感染症で死亡したと伝えている。同州で1日の新陽性者が200人を超えることは1年以上絶えてなかった。

 ダニエル・アンドルーズVIC州首相は、イベントや施設の入場に接種証明の提示義務化を試験的に実施することも検討していると語っている。

 また、VIC/NSW州境に沿った地域の特別入州許可を厳格化することも検討しており、許可される通行理由が減らされる予定になっている。

 9月2日夜までの検査回数は48,572回にのぼっており、新陽性者208人のうち既知のアウトブレークとの関連が確認されたのは96人に留まっている。また、感染可能期間中の隔離状況については保健局は発表していない。

 9月2日にはメルボルン市の西、アルトナ・ノース在住の60代の男性が亡くなっており、VIC州の今週のデルタ株アウトブレーク感染死者は3人目。また、アクティブ患者は1,176人に上っている。

 9月2日、シェパートン市では約6,000回の検査が行われ、その大部分は隔離者の13日目の検査だった。

 また、9月2日にはVIC州運営のワクチン接種会場で33,511回の接種が行われており、連邦保健省のデータによると、VIC州では16歳以上の接種対象者の60%強が少なくとも1回の接種を済ませており、そのうち37.12%が完全接種を済ませている。

 アンドルーズ州首相は、60歳以上でまだ接種予約をしていない州民に対して、「ファイザー・ワクチンが60歳以上にも提供されるようになるのを待つのは無意味だ。今すぐアストラゼネカ・ワクチン予約をするように。ファイザー・ワクチンが60歳以上に適用される前に12歳から15歳までの年齢層が対象になる。60歳以上がファイザー・ワクチンを受けられるようになるかどうかは分からず、デルタ株蔓延の現在、待ってはいられない。アストラゼネカ・ワクチンなら5万人分の予約枠が空いている」と語った。

 また、ファイザー・ワクチンを待っている60歳以上の年齢層に対して、豪医師会(AMA)も待つのは無意味だと警告している。
■ソース
Victoria records 208 new local cases of COVID-19 and one further death

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る