400万人がスマートフォンにダウンロードしたけれど

コロナウイルス追跡ソフトウエアの機能に疑問

 スコット・モリソン連邦首相は、「人口の40%が携帯電話にインストールすればよく機能するようになる」と語ったコロナウイルス追跡appはすでに400万人がダウンロード、インストールしている。ところが、このappの機能に疑問が出ている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 連邦政府のマイケル・キッド副主席医務官が、「保健当局はまたapp追跡データにアクセスできていない」と語った。

 400万台を超えるスマートフォンにインストールされたappが情報を集めてセーブしているはずだが、まだ、州、準州の保健当局がその情報を取り込むことができていない。

 スコット・モリソン連邦首相は、「社会規制を緩和するためにはこの接触追跡appが重要なツールになる」と繰り返し主張してきたが、ABC放送の調査では、今日、誰かが陽性判定を受けても、州、準州の保健当局がそのappの情報を取得することができないため、これまでにその人物に接触した人々に警報を送ることはできない。

 連邦保健省の広報担当官は、「プライバシー関係規則と最終的なIT試験が済まなければならない。来週金曜日には全国閣僚会議で社会規制緩和が協議されるが、この接触追跡appはその前に機能するようになる」と語っている。

 キッド副主席医務官は、「現在、このappが正確かつ安全に機能することを確認しているが、州、準州の接触追跡施設で働く職員にはこのappの使い方の適正な訓練を施さなければならない」と語っている。

 さらに、「appがユーザー同士の濃厚接触を記録していることは確認している。その情報を後に取得し、警報を送ることができるようになる。

 しかし、糖尿病患者団体のDiabetes Australiaでは、患者から、「COVIDSafeをインストールして以来、連続血糖監視(CGM)appの接続困難が起きている」との苦情を受けており、患者には、「もし問題が起きるようならCOVIDSafeをアンインストールするよう」伝えている。
■ソース
Coronavirus app tracing capability not operational, despite 4 million downloads

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る