「スローモーンションの列車脱線を見ているよう」

医療専門家、NSWのコロナウイルス対応に警告

 NSW州政府は、「公共の場で人混みのため社会的距離を保てない場合にはマスクを着用するよう」勧めているが、医師の間で、「VIC州を見習い、病院や公共の場でのマスク着用を義務づけるべきだ」の声が高まっている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 救急医のデビッド・バージャー医師は、「現在、NSW州内の市中感染の数はまったく不明な状態だ。VIC州で1か月もしないうちに1日の陽性者発生数がゼロから300人に膨れ上がるのを見てきた。手が負えないことになると感染者は指数関数的に増えていくことになる」と語っている。

 また、メルボルンの病院に勤務するスージ・ノウ豪麻酔科医師会会長は、「メルボルンでは病院職員が市中感染した後に互いに感染し合う結果になった。NSW州もこれを警告と受け止めるべきだ。病院では誰でもすべてマスクを義務づけるべきだ」と語っている。

 さらに、シドニー都市圏でコロナウイルス・クラスターが拡大している現在、医療専門家は、公共交通機関車内・船内でもマスクを義務づけるべきだと主張している。ある医師は、「VIC州の対策を見習うべきだ。まるでスローモーションの列車脱線を見ているようだ。誰かが症状を出してコロナウイルス感染の診断を受ける頃にはすでに6人くらいに感染させているという状況だ」と語っている。

 一方、7月20日、NSW州政府のケリー・チャント主席医務官は、「連邦の方針に従う。社会的距離を保てない場合にはマスクが必要だがマスクを特効薬のように見ることは避けたい。さらに市中感染が広まることがあればマスク着用も検討する。しかし、これまでの市中感染の現場を見れば、人々が集まって食べたり飲んだりする施設で起きている。そういう施設ではマスク着用は無理だ」と反論している。

 ダニエル・マクマレン豪医師会(AMA)NSW州支部会長もチャント医務官を支持し、「マスクを義務化することで効果があるか、あるいは必要だというほどにはまだ市中感染が大きくなっていない。まだ、マスクはそれほどウイルス感染防止効果がないだろう」と分析している。
■ソース
‘Like watching a train wreck’: Doctors urge masks be mandated in NSW

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る