髪は健康のバロメーター

中から外から美肌・美髪つくり ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

中から外から美肌・美髪つくり

ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

第79回 髪は健康のバロメーター

<前回はヘッド・スパで頭皮や髪のコンディションを整えるお話をしました。今回は産毛をどうやって成長させるかを私の体験を基にお話します。

おでこの生え際の産毛が増えたような?と、心配をする人も多いと思います。しっかりした毛が産毛になってきたということは、極端に成長期の期間が短く、退行期や休止期でストップしている状態です。

髪のサイクルは5~7年の成長期、約1カ月間の退行期、3~4カ月の休止期があります。つまり成長の過程で何らかの原因で条件がそろわず、ストップしているのです。しかし、産毛があるということは、毛細血管から栄養を取り込んで髪の毛を成長させる「毛乳頭」がまだ生きている状態です。大丈夫です!産毛を成長、促進させるには、生活習慣の改善が必要です。絶対に効果があるとは断言できずとも、私が実践してみて分かったこと、それは良いと言われることをきちっとやるということです。

  1. しっかり洗浄する。
  2. 体にも髪にも良いものを与える(栄養を摂る)
  3. 栄養エッセンスを塗る。多少の刺激(ブラシでパッティング、電気の刺激を与えるなど)も効果が期待できます。

成長を促進する方法をいくつかお知らせします。

頭皮は普通に洗うだけではだめ。頭皮マッサージをしつつ、毛穴を埋めている汚れなどをしっかり取り除いてあげます。血行が悪い、毛穴に皮脂が詰まっている、シャンプーが残っているなど、髪が薄くなる環境を作ってる可能性があります。頭皮という土台が整うまでは念入りに洗ってあげることが大切です。

毛穴の詰まりをしっかり分離するには、天然素材で髪に良いと言われる成分が入っている(例えばアロエ)シャンプーを使用しましょう。揉み込むように洗い(数分間、泡を頭皮に置いておく感じで!)、その後にすすぎます(この際、成分が残っていても大丈夫なオーガニック系などのシャンプーがお薦め)。

そして、成長を促進させる栄養エッセンスを与え(これも大事)、ブラシでパッティング、頭皮を電気で活性化するなどして刺激します。

あとは良質な睡眠を心掛けましょう(枕はいつも清潔に!)

産毛は細く、短く、色が薄いので、生えているように見えません。それでも少し太く濃くなれば髪型も決まります。

いつも髪に言い聞かせてあげてください、「良い感じで伸びてきたね!」って。


美容師 ユキヒロ
Yuki Hair Spa Annerley Salon

東京都出身。代官山、恵比寿で美容室展開後、2008年パースでオーストラリア第1号店をオープン。10年にブリスベン、13年にはゴールドコースト店オープン。ただいまオージー美容師育成中。
Web: yukihairspa.com.au
髪についての悩みや疑問など下記アドレスまでご応募ください。
Email: nichigopress@gmail.com(件名:髪の質問)

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る