危険な運転「フーニング」/QLDで安全・快適ライフ

QLDで安全・快適ライフ 第72回
危険な運転/フーニング

 昨今、少年少女による自動車の危険な運転の報告が寄せられています。自動車の危険走行は運転者や同乗者だけでなく、他の人や車をも危険に晒します。QLD州警察も、危険な運転に関してできる限りの対応をしています。危険な運転は「Hooning(フーニング)」と呼ばれ、以下の例などが考えられます。

  • 車をその場でグルグル回す「ドーナツ」
  • 「フィッシュ・テール」と呼ばれる車のお尻を左右に振る運転
  • 「ドリフト」走行、横滑り
  • エンジンの空ふかし
  • タイヤを空回りさせて煙を出す
  • 公道レース、ドラッグ・レース、タイム・トライアル
  • 低速走行、速度超過
  • 無謀または故意に他の道路利用者を危険に晒す運転
  • 危険な車線変更
  • 道路の規則や標識をあからさまに無視する

 もし、そういう現場に居合わせ、あなた自身や他の誰かが危機に直面している場合は迷わずに「トリプル0(000)」に、それ以外の場合は「13HOON(134-666)に連絡してください。必要な情報は以下を参考にしてください。

  • 車のレジストレーション番号、車のタイプ、車のメーカーや車種、色などの情報
  • 場所と時間、どのような危険走行か(場所が分からない時は「Emergency +」アプリで確認)
  • 運転者の状況
  • 自分以外の目撃者情報

 もし安全なら、写真やビデオを撮影すると証拠になります。ただし自身が運転中の場合、カメラやビデオの操作を決して行わないでください。また、QLD警察のウェブサイト(Web: www.police.qld.gov.au)の「Report」内の「Traffic Incident」から「Hooning Incident」をリポートできます。

【無料お悩み相談会】(Coffee with officers)
日時:10月8日10AM〜12PM
場所: The Woodroffe Hotel(Southport)
申し込みEmail: 4035484@police.qld.gov.au(日本語でどうぞ)

このコラムの著者

平野尚道

平野尚道

QLD州警察ゴールドコースト(GC)地区・日本担当リエゾン・オフィサー。GC日本人会会長を8年務める。移民サポート非営利団体MCCGCで異文化育成担当を9年務めた後、現職。2009年に在ブリスベン日本国総領事館より在外公館長表彰、14年にGC市オーストラリア・デー文化功労賞を受賞

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 Azuma nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る