「A-Z Review」で将来の資金計画を始めよう!

PR

「A-Z Review」を利用して将来の資金計画を始めよう!

左からANZ銀行サーファーズ・パラダイス支店の荻田健将さん、プロベンザーノ節子さん、藤原ミナさん、マクナイト千草さん
左からANZ銀行サーファーズ・パラダイス支店の荻田健将さん、プロベンザーノ節子さん、藤原ミナさん、マクナイト千草さん

日々の暮らしの中で事故でけがをしたり病気になることもある。結婚して家族が増えることもあれば、家を購入して住宅ローンを組むこともあるなど個々のライフスタイルは変化する。5年後、10年後、あるいはもっと先のことを考えて、今から無理なく準備をしたいという人も多いはず。予測が難しい将来について誰に相談したら良いのか悩んでしまう時は、オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行へ相談してみては。今後始めたいビジネスのこと、老後のこと、万が一の時のことへの解決策をANZ銀行が提案してくれるだろう。今後の備えを真剣に考える人にまずは一度足を運んでみることをお勧めしたい。

スーパーや保険のことはANZ銀行にまず相談を

現在オーストラリアで働いて収入を得ている場合、給料の9.5パーセントを雇用主がスーパーアニュエーション(以下スーパー)として年金管理会社へ支払うことが法律で義務付けられている。このお金は退職するまで積み立てて運用され、リタイア後に受け取ることができる。

では自分自身のスーパーに関して、あなたはどのくらい理解しているだろうか。例えば転職して職場が変わった場合に、新しい会社が加入している年金管理会社の新規口座を本人の希望により作ることができる。その場合口座が増えるわけだが、では自分が保有するスーパーの口座数や、運用のされ方などを厳密に知っている人はどれくらいいるだろう。複数の口座を持つことに問題はないが、それぞれの口座を維持するために手数料が掛かったり、更には保有していることを忘れてしまう可能性もある。特に転職の多い人は自分のスーパーの現状を把握して、口座の維持費などによって損をしていないかを知ることが大切。

また、万が一のけがや病気への備えとして保険加入についても熟考が必要だ。いつ、どこで、何が起こるか予測できない上、ましてや日本とはさまざまな事情が異なるオーストラリアに住んでいる以上、もしもの時に備えておくことは重要だろう。家族や子どもがいる場合は、自分の身に何かあった時に身内に負担が掛かってしまわないよう、緊急事態に対応できるプランも考えておきたい。けがや病気以外にも職が変わったり、子どもができたり、家を購入したりと個人の経済状況は変化する。このため保険の内容も人生の節目節目で見直すことが望ましい。

老後の蓄えについて不安に思う人も多いはず。リタイア後に果たしてどのくらいの額をもらえるのか、スーパーだけでは心細いという人もいるだろう。また、将来自分でビジネスを始めたいと考えている人は、その目標のために貯金をするだけではなく、資産運用という手段も選択肢として考えられるかもしれない。

このように将来のための準備を始めるとひと口にいっても、現状把握から将来設計までトータルに考える必要がある。更に人によって経済状況などは千差万別なので、当人に合ったプランを立てなくてはならない。ANZ銀行ではこのようなお金に関する問題についてファイナンシャル・プランナー(以下FP)に日本語での相談が可能だ。

FPが具体的なアドバイスを提供

ANZ銀行では口座の有無に関係なく、スーパーや保険などお金の問題について無料で相談できる「A-Z Review」というサービスを提案している。このサービスでは職種や収入、家族構成などの情報を担当の銀行員が質問し、それに応じて各種保険、口座などの賢い利用法などの見直し(レビュー)をしてくれる。それぞれの経済状況に応じた解決策の提案をする、いわば「お金の健康診断」のようなサービス(「銀行でできる『お金の健康診断』って?」を参照。Web: nichigopress.jp/account/money_spe/125283)と言えるだろう。他にも個人事業主であればビジネスに関する見直し・提案も可能。

将来のための資金計画(ファイナンシャル・プランニング)をする上で最も重要となるのは、もしもの時に備えたプランを持っているかどうか。診断を行う際には数年後から更に先のことまで視野に入れ、本人でも気付かない問題やニーズなどをあぶり出す。そのため将来を見据えたレビューを手に入れることができる。その結果を受けて資金計画について更に詳しく聞きたい人には、担当者がFPを紹介してくれる。

FPに相談するというと敷居が高いイメージがあるかもしれない。しかし実際は、暮らしの身近にあるスーパーや保険、相続、遺言、財産などファイナンス全般について、具体的なアドバイスをしてくれる頼れる存在。

ANZ銀行のFPを利用する最大のメリットは、個人の経済状況がどのようなものであるのか、今後何をしたら良いのかなど基本情報が「A-Z Review」によって既に分かっているので、スムーズに資金計画ができる点。またさまざまな部署と連携して多様な提案ができるのも、銀行のFPだからこそできる強みだろう。FPへの相談は初回が無料で、2回目以降からは料金が発生する。

また通常FPは、個人経営や会社員など形態もさまざまだ。自分の担当者が不在だった場合や、10年後、20年後も同じFPに相談できるのかなどといった点で不安を感じる人もいるかもしれない。

そこでも頼りになるのがANZ銀行のFP。彼らは同行の社員であり、経営基盤が安定していることに加え、たとえ自分の担当者が不在の場合でも情報が内部で共有されているので、1人ひとりに合った対応がどの支店でも提供可能だ。また自社で扱う商品を一方的に薦めるのではなく、ANZ銀行が認めた他社の商品も含めて幅広く提案を行ってくれるため、数ある商品の中から自分にぴったりのものを見つけられる。

「A-Z Review」で見直しを

ANZ銀行によれば、多くの人がまず「A-Z Review」を行い問題点や改善点に気づき、アドバイスを受けるのが一般的だという。サーファーズ・パラダイス支店ではマシュー・ルイスさんとショーン・ヤングさんの2人のFPがおり、アブラヒムかおりさんが日本語通訳をしてくれるので、言葉の面でも心強い。

「A-Z Review」は現在国内各支店でサービス提供を行っているが、日本語対応はサーファーズ・パラダイス支店またはサウスポート支店のみ(事前予約制)。

いつ何が起こるか分からないからこそ、資金計画を立てることはもしもの時の強力な備えとなる。特にビジネス・ビザや永住権を保有して仕事をしている人、家族がいる人にとってはより重要性が増す。まずは「A-Z Review」を受けることが、安心な暮らしのための第一歩となるだろう。

ANZ銀行主催
ファイナンシャル・プランニング・セミナー開催のお知らせ

現在オーストラリアで働いている人や、スーパーアニュエーション、生命保険、投資に興味がある人を対象にしたセミナーが開催される。ファイナンシャル・プランニングに興味のある人はぜひ参加してみよう。

●日時:10月26日(水)5: 30PM~
●会場:ANZ銀行サーファーズ・パラダイス支店
●料金:無料
●予約申し込み:マクナイト千草 Tel: (07)5626-5113またはchigusa.mcknight@anz.comまで
●締切:10月19日(水)、定員になり次第締め切り


アドバイスはお客様それぞれのニーズと財務状況を考慮したものではありません。それが適切なものかどうかはお客様ご自身でご判断ください。ANZでは、どのような金融商品も、ご購入前に契約書と金融サービスガイドを御熟読いただくよう推奨しています。与信申請は当行所定の信用供与審査の対象となります。Australia and New Zealand Banking Group Limited (ANZ) ABN 11 005 357 522. Item No. 93650C 04.2016W533382

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る