【税とビジネス】会計の発想を生活に取り入れる


会計の発想を生活に取り入れる

ビジネスで必ず出合う用語「アセット(Asset=資産)」と「エクスペンス(Expense=費用)」。共にお金を使った時に登場するものです。

アセットは購入した会計年度だけでなく、未来の会計年度の売上/便益に貢献するもの。一方、エクスペンスは購入した会計年度の売上/便益のみに貢献するもの。つまり、アセットは出費は今だけど、効果を出すのは数年にわたって、という原則です。経費計上するのも、エクスペンスは出費した年に全額、アセットは数年にわたって経費計上することになります。

タックス・リターン申告の際、仕事やビジネスのために携帯電話やパソコンを買ったのに、全額経費計上できなかった経験がある人も多いと思います。これも税金上のアセットとエクスペンスの経費計上の原理原則から来ています。

これを人生に当てはめて考えてみましょう。日々、買い物や外食などでお金を使う我々の生活。例えば、飲み会。これはその時の楽しみのために出費したエクスペンスです。しかし、将来のビジネス・パートナー、コネ、結婚相手と出会う目的で飲み会に参加したなら、これは将来にわたってお付き合いができ、未来に便益を生むという視点ではアセットとなります。

これはお金の使い方にも言えることです。ブランド物の服を買う、良い物を食べるというのも大切なお金の使い方ですが、どちらかというと一度きりのエクスペンスの側面が強いでしょう。これに対し、例えばお金を使って学校に行き、スキルを身に着けることは、将来給料が上がる、給料の高い仕事に就くという意味では、将来に投資し、便益を得るアセットと言えます。同じお金が手元にあったら、先に自分に投資をして、収入を上げてから良い服を着たり、良い物を食べたりした方が効率が良いのはこのため。先にアセットに投資をして、そのアセットが生むお金でエクスペンスを使う、という発想です。

私自身の経験では、騎手として稼いだお金や空いた時間を会計士、税理士、MBAなどの勉強に投資し、会計事務所を開業し新たな収入源、楽しみを生む、ということになります。

もちろん、また別の機会で説明しますが、便益というのは売上のようにお金だけで計れるものだけではありません。

なお、豪州の個人の税法では300豪ドルを越える経費は数年にわたって経費計上します(減価償却)。(スモール)ビジネスでは今会計年度(2018年)まで2万豪ドルまでは買った年に経費計上できます。

今回は会計士がまず話すことのない視点で会計用語を説明しました。毎日の出費がアセットかエクスペンス的要素かを意識して生活するのも面白いでしょう。



賀谷祥平
◎競馬騎手、Ezy Tax Solutions Pty Ltd代表取締役。豪州公認会計士、米国公認会計士、登録税理士。James Cook University MBA、University of New England会計学修士、上智大学経済学部卒。2001年上智大学在学中に、騎手を志し豪州の競馬学校に入学。03年、NSW州Coffs Harbour競馬場にて騎手デビュー。現在はNorth QLDで騎乗している。
Web: www.facebook.com/shoheikaya

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る