わいせつ教師、20人クビに

2016年にNSW州で

 NSW州でわいせつ行為や淫行、セクハラなどの不適切な性的行為の疑いで解雇された教師の数は、2016年の1年間に20人に達した。同州教育省が発表した報告書で明らかになった。公共放送ABC(電子版)が20日、伝えた。

 これによると、20人のうち7人の元教師が性的暴行の罪で有罪判決を受けた。児童ポルノを所持していた教師も2人いた。このほか、16歳以下の未成年との性行為や痴漢行為で解雇された教師もいた。

 性犯罪以外で教師が解雇された例としては、家庭内暴力、家宅侵入、危険運転などがあった。犯罪行為の疑いで解雇された教師の数は合計46人に達した。前年の38人から2割以上増えた。



■ABC News
NSW teachers sacked for sexual misconduct nearly doubles over seven years, report shows

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る