ニューマン、シーニー、ジョーンズを訴える

ラジオでの非難を名誉毀損にあたると



 選挙戦の始まっているQLD州でキャンベル・ニューマン州首相とジェフ・シーニー州副首相が、選挙戦の今週に保守派ラジオ・パーソナリティのアラン・ジョーンズ氏がブリスベンのラジオ局4BCの自分のラジオ番組中で行ったコメントにより修復不可能な損害を被ったとしてジョーンズ氏と4BCを名誉毀損で訴えたことが報じられている。

 ブリスベン州最高裁に提出され、ABC放送が入手した訴状の陳述でニューマン氏とシーニー氏は、「ジョーンズ氏の放送で信頼と評価を大きく傷つけられた」としている。さらに、「1月19日、20日、21日の朝のアラン・ジョーンズ氏の番組中で、ジョーンズ氏は、『QLD州南部ダーリング・ダウンズのアクランドにあるニュー・ホープ炭鉱の拡張計画について、ニューマン氏が自分(ジョーンズ)に対して嘘をついた』と語った」としている。

 さらに、ジョーンズ氏が、「同炭鉱所有者から自由国民党に70万ドルの政治献金の形でワイロが渡された。その結果、ニューマン氏とシーニー氏が同炭鉱拡張計画を認可した」と語ったことが2人の名誉を傷つけたとしている。また、1月19日にもジョーンズ氏は自分の番組で、「ニューマン氏は、野党自由国民党党首だった2012年2月にプレスリリースで、『自由国民党は政権を握っても同鉱山の拡張計画を認めない』と述べているが、この寄付のために貞操を売った」と非難し、名誉を傷つけられたとしている。

 ジョーンズ氏は23日朝の自分の番組で訴状の送達が行われたことを明らかにした。また、QLD州議会野党労働党のアナスタシア・パラシェイ党首は、「いかにもニューマン氏らしいやり方だ」と語っている。
■ソース
Campbell Newman, Jeff Seeney sue Alan Jones for defamation

http://www.abc.net.au/news/2015-01-23/campbell-newman-and-jeff-seeney-suing-alan-jones-for-defamation/6041274

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る