ピンク色で彩るひな祭りの「バラの巻き寿司」

ピンク色で彩るひな祭りの「バラの巻き寿司」

3月3日は桃の節句、女の子の健やかな成長と幸福を願う日です。旧暦では桃の花の咲く季節だったためこう呼ばれており、花と大きなひな壇を飾り、甘酒やお寿司などでお祝いをするのが習わしですね。おひなさまの歌「明かりをつけましょ、ぼんぼりに~」を歌って、ひなあられを食べたことを懐かしく思い出す人もいるかもしれませんが、昨今はかなり簡略化されてきているようです。

しかし年に1度の桃の節句、せっかくですから飾りを手作りして、プチひな祭りをやってみてはいかがでしょう。テ-ブル・セッティングにお金や時間をかけなくても、ちょっとした工夫でそれらしく、たとえばピンクのお花、手作りの箸入れ、桜の箸置きなどを食卓に飾るだけで、一気にひな祭りらしくなります。とても簡単な可愛い箸袋とお寿司を、お子さんと一緒に作ってみてください。お寿司は断面がピンクのバラのようになってきれいなので、箸袋も色を合わせてみましょう。

 

【手作り箸袋の作り方】

① 折り紙を縦長に4つに折って開き、上辺の角に大小2つの三角形を作る(図:右上)。
② 最初に付けた折り目に従って内側に折り、箸袋の形にする(図:左下)。
③ 下の端は、裏側に折り曲げる(図:右下)。
④ シ-ルを貼ったり、絵を書いたらでき上がり。

バラの巻き寿司レシピ

材料

1cup=250ml 、1TBS=20ml、1tsp=5ml
ピンクの寿司飯(桜でんぶ20g入り)・・80g
白の寿司飯・・・・・・・・・・・120g
のり・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
卵・・・・・・・・・・・・・・・・2個
きゅうり・ ・・・・・・・・・・・・1/2本
とびこ/たらこ/サ-モン・ 適宜(いずれか)

 

作り方

① のりを図のようにキッチン用のはさみで切っておきます。使用するのはA(1/2サイズ)とB(1/6サイズ)の部分です。

② 溶き卵を2枚分に分けて薄焼き卵を焼き、右図ののりAのサイズに合わせて切ります。

※溶き卵に水溶き片栗少々を混ぜておくと、破れにくくきれいに焼けます。

③ 2枚の薄焼き卵の上に、それぞれピンクの寿司飯とひと口サイズに切った薄切りサーモンを。まんべんなく平らになるように乗せます。

④ 上記③のうち1つをくるくると巻きます。それをもう1つの薄焼き卵の上に乗せ、さらにくるくる巻いて、大きな卵巻きを作ります。

⑤ 巻き簾の上に、のりAとBをご飯粒でつなげて置きます。のりの手前を指3本分くらい空けてから、白い寿司飯を平らになるように広げます。

⑥ その上に、細切りにしたきゅうりを全体5ヶ所に並べます。真ん中に④の卵巻きを置き、通常の巻き寿司の要領で一緒に巻きます。

⑦ 巻き寿司を食べやすい大きさに切り、お皿に盛り付けたらでき上がり。

才川須美(さいかわすみ)
プロフィル◎管理栄養士&食育インストラクタ−。現在、シドニーで料理教室を開催中。大人気の子ども向けホリデー・プログラムでは、裁縫と料理を合わせた「家庭科クラス」を開催。2014年最初の子どもホリデー・プログラムは「イースター・スペシャル!」。大人向けには、月1回、昼間に開催されるクラスと土曜日の夜に開催されるクラスで、日々の献立に使えるいろいろな料理を紹介。夜のクラスでは、ワイン片手に楽しく料理が学べる。
 2014年の大人クラスは、●薬膳で夏バテ解消、●世界のベジタリアン料理、●旅館風懐石料理など、豪州で簡単に手に入る食材を使って、日本人好みのレシピを紹介する。Web: www.sumiskitchen.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る