2015年7月 ニュース/総合

食とワイン、日本人観光客に訴求

オーストラリア政府観光局

オーストラリア政府観光局(ツーリズム・オーストラリア=TA)が、「食とワイン」を海外観光客市場に売り込んでいる。日本市場でも「美食大陸オーストラリア」をテーマに、オーストラリアの食とワインの魅力を訴求。大手レシピ・サイトを運営するクックパッドと、大手グルメ・サイト「食べログ」を運営するカカクコムの2社とのPR活動で連携、5月29日には東京都内で調印式を行った。

クックパッドでは29日、サイト内に新コーナー「オーストラリア観光局の公式キッチン」を開設した。ラム肉やフィンガー・ライム(豪原産のかんきつ類)、マカダミア・ナッツなどのオーストラリア特産の食材を使ったレシピを紹介。オーストラリアの著名シェフや料理研究家の特別レシピも公開していく。

食べログではオーストラリア国内のレストランを紹介するアプリを7月上旬に公開する。アプリは現地在住者が薦めるレストランの情報も検索でき、旅行中や旅行を計画中の人に役立つツールとなりそうだ。合わせて、特設ページでは日本でオーストラリア料理が食べられるレストランも紹介する。

TAはキャンペーンについて「安心・安全で新鮮な食材と、多民族国家ならではの独創性の高い料理、壮大な自然や街中や海沿いなど心をつかむ景色の中での食体験を通じてオーストラリアへの旅行を促進する」とコメントした。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る