VIC州政府、州全域に5日間の緊急ロックダウン発令

シドニーからのデルタ株コロナウイルス感染者18人に

 VIC州は、シドニーの引っ越し貨物トラック運転手が感染した状態でVIC州に入り、マスクなしでアパートメント・ブロックに入ったため、デルタ株感染が広がっている。7月14日午後8時までの24時間でさらに2人が陽性と判定されたため、ダニエル・アンドルーズ州首相は、15日午後11時59分より7月20日午後11時59分までの緊急ロックダウンを発令した。

 7月15日付ABC放送(電子版)が伝えた。

 5日間でロックダウンが解除される保証はないが、州郡部の規制が早めに解除される可能性はあるとしている。

 14日夜までに発生した2人の感染者は、トラック運転手が立ち寄ったマラバーノングのアパートメント・コンプレックスで感染した住人がMCGでフットボールを観戦した際に感染したものと見られている。

 アンドルーズ州首相は、「接触追跡チームや公衆衛生専門家は以前よりはるかに熟練してきており、素晴らしい仕事ぶりだが、ウイルスの感染も速く、うかうかすると追いつけない可能性もある」と語っている。

 さらに、「そのため、短い予告時間ではあるが、できるだけ早く、厳格なロックダウンで早期に決着を付けてしまわなければならない」と語っている。

 ロックダウン中は、介護、必要不可欠な業務、家庭学習が無理な場合のみ通学可、医療、ワクチン接種などのみ外出が認められる。これは6月の4回目のロックダウンの条件と同じ。

 また、「医療専門家のアドバイスに従い、郡部の規制を緩和できると判断すればなるべく速やかに緩和する。ロックダウンしなければならないことを全州民にお詫びするが、これはあくまでも必要であることを理解していただきたい。また、必ずウイルスを完全制圧しなければならない。どこかに火種を残していれば必ずまた燃え上がってくる。デルタ株はそれほど素早い感染力を持っている」と語った。

 アンドルーズVIC州首相は、記者会見の中でNSW州を一切批判せず、「私の仕事はVIC州を守ることであり、そのためにここに立っている」と語った。
■ソース
Victoria to enter five-day snap lockdown as more COVID cases recorded

 Happy Rich Harding legal JCB Yumepirika Campaign 幌北学園 Japanaroo 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る