ファースト・ホーム・セーバー・アカウント

オーストラリアの税法が分かる!

2009年度より変更となった新税法や税金対策の注意点など、日本人に役立つ情報をピックアップ。今月はファースト・ホーム・バイヤー向けの口座について。

第3回 ファースト・ホーム・セーバー・アカウント

ファースト・ホーム・セーバー・アカウントとは、豪州で初めて持ち家(居住目的)の購入を予定している人々が、政府からの助成金を受けられ、低い税率で貯蓄することができる口座です。今回はその口座の概要を簡単に紹介します。

この口座を持つことができる資格
● 年齢が18歳以上65歳未満である。
● 過去に自宅を購入、または建てたことがない。
● この口座をこれまで持ったことがない。
● タックス・ファイル・ナンバーを持っている。

口座の形態&助成金
● 口座には、持ち家を購入する当人、雇用主、または当人に代わって他人が、税引き後の所得を入金することができる。
● 政府からの助成金は、個人が確定申告をして、口座の提供者(金融機関)がそれに関連する納税者の情報を国税局に提出した後に、口座に直接振り込まれる。
● 毎年、その年の入金額が5,000ドルに達すると、その17%(850ドル)の援助を政府から受けることができる。

税金
● 口座への入金に対して税金はかからない。
● 金利収入に対しては15%で源泉徴収される。
● 引き出す際に税金はかからない。

積立金の引き出し&居住期間の条件など
● 積立金の引き出しは、自宅購入が目的の場合のみ可能となり、全額引き出した後は口座は閉じなければならない。
● 積立金を口座から引き出すためには、過去4年間に最低1,000ドルの入金をしていなければならない。
● もし共同者と2人で自宅を購入する場合、どちらかが上記で述べた入金の条件を満たしていれば、2人とも引き出すことが可能。
● 当人は自宅を購入した際、最初の12カ月のうち合計6カ月は住まなければならない。
● 自宅購入以外の目的で引き出す場合は、スーパー・アニューエーションの口座へ預金の移行が可能。
※もし上記の資格に当てはまらない個人が口座を開設した場合や、積立金引き出し、および居住期間の条件を満たさない場合は、罰金が課されますのでご注意ください。なお、この口座の詳細は、政府のホームページ(www.homesaver.treasury.gov.au)をご覧ください。


三宅清吾(みやけせいご)
SABER公認会計士事務所
会計士・CPA準会員
M.Prof.Acc.Ad-グリフィス大学

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る