【完全保存版】頼れる弁護士ガイド(QLD)1/2


「頼れる弁護士ガイド(QLD)2/2」はこちら ▶▶▶

「弁護士に相談」というと少々敷居の高いことのようにも感じられるが、オーストラリアでは日本と違って弁護士はとても身近な存在だ。ビジネス上の取引契約、不動産購入、事故に遭った時などはもちろん、仕事や生活のさまざまな場面で、弁護士に相談した方が良いと思われるケースは多い。しかし、法律だけでなく文化・習慣、言語が日本とは異なる国で弁護士に相談することに対して、不安を感じる人もいることだろう。本ガイドで紹介する弁護士や法律事務所は、日本語での相談が可能であったり、きちんとした翻訳・通訳を介して説明や相談に対応してくれる。また、弁護士にはそれぞれ専門分野があり得意とする案件が異なるため、まずは電話などで問い合わせてみよう。

フェンソン弁護士事務所BNE
Fenson & Co. Lawyers


弁護士
小澤光史
Koshi Ozawa

■経歴:中学1年生で単身スイスに留学、中学3年生から豪州に留学、2011年1月にボンド大学を卒業。弁護士資格のための研修プログラム(Professional Legal Training)を終了し12年に弁護士登録。移民法また不動産譲渡手続き業務を主に扱う弁護士事務所で数カ月活動。13年、ロト・マイグレーション・サービスでビザ・エージェントとして勤務。16年よりフェンソン弁護士事務所にて勤務開始。

■学歴・学位:ボンド大学法学士、商学士

■弁護士登録年:2012年

■勤務年数:3年半(移民エージェントとして活動)

■取り扱い/得意分野案件:移民やビザに関する全般

■料金目安:固定金額(ビザの種類1つずつ)

弁護士からのひと言

ビザの条件はオーストラリアの経済、政権、政策により大きく影響されるため、最新の移民法の把握と、正確な申請が必要となります。ビザ取得の可能性が最も高い方法をご案内いたします。

お薦めポイント

日本人を対象にきめ細かなサービスを提供することで定評があり、移民法に関することなら日本語で対応が可能。またその他の案件では通訳を介して丁寧に対応する。6人の弁護士と6人のサポート・スタッフの総勢12人が、チーム一丸となって法的問題の解決を図る。気になる費用に関しても、まず最初にきちんと内容を聞いてから見積もりを提出する「固定料金制度」のため、最終的にいくらになるのかを心配せずに依頼できる。頻繁に変更されるビザについても、常に最新の情報を入手し最適な提案を心がけている。

Tenancy 1A, Sunnybank Office Park / 18 Torbey St., Sunnybank Hills、TEL: (07)3323-3136、FAX: (07)3323-3140、www.fensonlawyers.com.au(現在改装中)、koshi.o@fensonlawyers.com.au *月~金9AM~5PM *設立2015年、代表取締役/ビン・ハン

ハーディング法律事務所GC
Harding Legal


弁護士
ハーディング裕子
Yuko Harding

■経歴:2003~12年、ゴールドコーストの地元法律事務所所属。12年7月、ハーディング法律事務所を独立開業。

■学歴・学位:立命館大学東京セミナー(日本法)。ボンド大学修士ディプロマ(リーガル・プラクティス、応用言語学)。クイーンズランド工科大学法学士。大阪芸術大学音楽学士。

■弁護士登録年:2003年

■勤務年数:13年

■取り扱い案件:ビジネス売買、遺言状・委任状・相続手続き、不動産売買、各種商業案件、オフィス・店舗リース契約

■得意分野案件:不動産関係(売買やリース)、相続関係

■料金目安:案件内容に基づき事前に固定見積もり手配

弁護士からのひと言

当事務所は固定費用の明確な料金システムを利用し、ハーディング裕子弁護士が直接お客様とやり取りするため、通訳や翻訳を介しての誤解や時間ロスもありません。

お薦めポイント

主にQLD州、NSW州の案件を扱い、在豪日本人・企業並びに日本人投資家に向けて日本語で、日本の慣習も踏まえ、分かりやすく丁寧に豪州法律のアドバイスを行っている。ハーディング裕子弁護士は、ゴールドコースト、シドニー、ケアンズ、日本で、不動産売買や相続に関するセミナーなども頻繁に開催。2013年に東京(クイーンズランド・ビジネスセンター内)、14年12月にはシドニーにも支店を開設し、より充実したクライアント・サービスの提供を目指している。この5月より事業拡大のため下記住所へ移転した。

2707 Southport Central Commercial Tower 2, 5 Lawson St., Southport(新住所)、TEL: (07)5630-3877、0421-779-164、FAX: (07)5676-5310、www.hardinglegal.com.auyh@hardinglegal.com.au *月~金、9AM~5PM *設立:2012年、代表取締役/ハーディング裕子

神林佳吾法律事務所GC
Keigo Kamibayashi Law Office


弁護士
神林佳吾
Keigo Kamibayashi

■経歴:2003年グレイズ法律事務所に司法修習生として入所、04年訴訟部門担当弁護士、パートナー補佐に就任、06年同事務所がスタックス、ザ・ロー・ファームと合併(弁護士総数96名)、07年ホープ・アイランド・オフィスの事務所長に就任(主に訴訟・商法を担当)、09年神林佳吾法律事務所を設立、難易度の高い案件(訴訟含む)を中心に民事案件全般を対応

■学歴・学位:04年クイーンズランド大学法科大学院課程卒業。クイーンズランド大学、法学部、経営学部卒業

■弁護士登録年:2004年

■勤務年数:12年(欠勤期間無し)

■取り扱い案件:民事案件全般

■得意分野案件:交渉、債権回収、相続問題、高難易度案件(訴訟を含む)など

■料金目安:1時間300ドル+GST

弁護士からのひと言

当オフィスでは最初から最後まで一貫して弁護士・神林佳吾が責任を持って応対します。滞豪歴21年・弁護士任官12年目、信頼と実績の弁護士・神林佳吾にお任せください。

お薦めポイント

一般生活や商取引で生じるトラブルはケースごとに異なり、特に海外となれば、法律の問題だけではなく、言葉の壁や社会システム、習慣の違いによって対応に不安を感じる。神林佳吾法律事務所は「自分がクライアントの立場であればどうするか」を念頭に、最も適切なアドバイスを提供することをモットーとしながら、弁護士としての専門知識や経験だけではなく、豪州社会の文化、風習、物事の考え方、そして、日本人クライアントにありがちな問題点に留意した上で分かりやすくアドバイスを行なう。

“Q1” 609/9 Hamilton Ave., Surfers Paradise、TEL:0458-093-498(日本語直通)、www.kklaw.com.aublog.livedoor.jp/keigoatlaw(ブログ)、info@kklaw.com.au *完全アポイントメント制(原則年中無休) *設立2009年、代表者/神林佳吾

ランザ・リーガルCNS
Lanza Legal


弁護士
ニック・タフト
Nick Taft

■経歴:ケアンズで生まれ育つ。クイーンズランド大学へ進学し法学部と情報コミュニケーション学部を卒業。2008年に弁護士登録。11年まで目白大学の言語プログラムのアドバンス日本語コースで学び、同コース修了。12年2月にフランク・ランザ移民サービスに所属し、同年ランザ・リーガルを設立する。

■学歴・学位:クイーンズランド大学法学部・情報コミュニケーション学部卒業

■弁護士登録年:2008年

■勤務年数:6年

■取り扱い案件:移民法・ビザ申請、ビジネス売買、遺言状・委任状・相続手続き、労働問題、商法、リース、雇用問題など

■得意分野案件:移民法

■料金目安:ビザ申請に関しての初回相談料は無料(約30分)

弁護士からのひと言

私たちの目標はクライアントのために最高の結果を達成することです。時間や費用の無駄を省き、あらゆる不安を取り除きます。日本人スタッフもいますのでお気軽にご相談ください。

お薦めポイント

ケアンズを中心に豊富な経験と実績、高い信頼を得ているフランク・ランザ移民サービスの合同会社としても知られている。ビザや移民などの法律に関する幅広いサービスを4人の弁護士が提供し、地元ケアンズのコミュニティーとの交流も深い。中でもタフト弁護士は日本文化を理解し、数多くの日本人のビザ申請・リーガル案件を取り扱っている。法律に関して英語でのコミュニケーションに不安がある場合、日本語で相談できるタフト弁護士とランザ・リーガルは非常に強い味方である。

Top Floor, Travel Town, 21 Lake St., Cairns、TEL: (07)4031-6676、FAX: (07)4051-6283、lanzalegal.com.auinfo@lanzalegal.com.au *月~金9AM~5PM *設立2012年、代表取締役/ニック・タフト

リトルズ法律事務所GC
Littles Lawyers


弁護士
柿崎秀一郎
Shuichiro Kakizaki

■経歴:ゴールドコーストのヘイニー法律事務所で研修後、シドニー勤務。2011年2月よりリトルズ法律事務所で勤務。ジャパン・リーガル・サービス部門の代表として活躍中。

■学歴・学位:2006年中央大学法学部卒業。2009年ボンド大学法務博士課程修了。グラデュエイト・ディプロマ・イン・リーガル・プラクティス、法学士、法務博士

■弁護士登録年:2009年

■勤務年数:7年

■取り扱い案件:交通事故、労働問題、労働災害、その他人身損害賠償、ワークカバー

■得意分野案件:交通事故の損害賠償請求、保険会社との示談交渉、労働災害

■料金目安:初回相談無料、成功報酬

弁護士からのひと言

事故に遭われたWH、学生や観光で訪れた方が制度を知らず申請しないで帰国するケースもあります。国外からでも申請手続きをすることは可能ですので、まずは一度ご相談ください。

お薦めポイント

もしも交通事故や労働災害、旅先で事故に遭いけがをしてしまったら……、言葉の問題や法律や制度の違いなどで不安になるだろう。オーストラリアで人身事故や保険請求に特化しているただ1人の日本人弁護士が親切、丁寧に直接日本語で対応する。費用の支払いは全て成功報酬で執り行っていて、手続き終了まで弁護士費用の支払いがなく、手続き途中にかかる経費についても同様なので安心だ。またQLD州だけでなくNSW州やWA州のケースも対応している。

Gold Coast:Shop G026, Australia Fair, 46 Scarborough St., Southport, Brisbane: Level 2, 217 George St., Brisbane、TEL: (07)3225-0743、(07)3036-4670、www.littles-jp.comskakizaki@littles.co *9AM~5PM *設立:2008年、代表取締役/ピーター・リトル

「頼れる弁護士ガイド(QLD)2/2」はこちら ▶▶▶

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る