【税とビジネス】税務会計士を選ぶ際、気を付けるべきこと

税務会計士を選ぶ際、気を付けるべきこと

公認会計士(以下、会計士)には種類があります。監査、会社の経理、税務、倒産処理などさまざまな分野の会計士がいます。同じ氷上のスポーツでもアイス・ホッケー、フィギュア・スケート、スピード・スケートなどがあるのと同じです。そして、税金に関する税務を担当するのが税務会計士です。

税務会計士と言っても会計士資格がなく、登録税理士(以下、税理士)資格しかない事務所や税理士、会計士資格の両方を持ち合わせた事務所もあります。また、税務・会計事務所で働く人全員が税理士と会計士の資格を持っているわけではありません。代表のみが所有していたり、複数の資格者がいる事務所もあります。目の前で話している人が有資格者とは限りません。資格者である代表がジュニア会計士の仕事に少し目を通して終わり、というひどい場合もあります。

  • 料金の目安が不透明な業界ですが、時間制課金の事務所は業務を行う人によっては無駄に時間が掛かり、費用が上がってしまいます。よく見受けられるのが、自分が無知な故に調べ物に多大な時間が掛かるケースです。
  • 何か質問しても「あー」「うー」と的確な答えが返って来ない事務所もあります。士業はコンサルティング能力、情報、知識が商品なので、この点ができていない場合は商品の欠陥となります。
  • 景品が当たるキャンペーンなど、仕事とは直接関係ない部分で集客している事務所も一考が必要でしょう。本業は税務・会計なので、集客に困難している会計事務所は疑問の余地があります。
  • 一番問題なのが「タックス・リターン全額返金!」「ほとんど戻ってきます!」などを売り文句にしている事務所です。当たり前ですがそんなことはあり得ません。国が皆に税金を全額、ほとんど返金していたら税制の意味がなくなります。これはある意味詐欺です。
  • 更に注意が必要なのは、「タックス・リターン返金最大保障」とうたう事務所です。節税は税務会計士の大切な仕事ですが、違反をして結果を無理に良く見せようとする場合があります。
  • 会計ソフトを複数扱えず会計ソフトの専門領域が1つだけの事務所だと、決算業務に時間が掛かったり、事務所の意向により無理やり会計ソフトを変更させられたりします。

税務会計士は街中にたくさんいますが、どの会計事務所が良いのでしょうか。私自身の経験やお客様の声から注意すべき会計事務所の例を幾つか挙げてみます。

1つに決めた税務・会計事務所だけを使う必要はありません。他の会計士をセカンド・オピニオンとしたり、コンサルティングのみを頼まれるといった柔軟性があることも会計士自身が認識する必要がある時代になっていくでしょう。


賀谷祥平
競馬騎手、Ezy Tax Solutions Pty Ltd代表取締役。豪州公認会計士、米国公認会計士、登録税理士。James Cook University MBA、University of New England会計学修士、上智大学経済学部卒。2001年上智大学在学中に、騎手を志し豪州の競馬学校に入学。03年、NSW州Coffs Harbour競馬場にて騎手デビュー。現在はNorth QLDで騎乗している。
Web: www.facebook.com/shoheikaya

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る