日本人渡豪者数、上半期は約19万人

オーストラリア政府観光局

 2017年上半期(1月〜6月)にオーストラリアを訪問した日本人の数は18万9,500人と前年同期比で5.9%増加した。6月単月では2万1,700人と前年同月比7.4%増となった。オーストラリア政府観光局が18日、オーストラリア統計局(ABS)の集計をもとに発表した。

 同政府観光局は「オーストラリアは時差が少なく安全な旅行先であるというイメージが再認識されている」ことを日本人渡豪者数が引き続き増加している要因に挙げている。

 日本人の渡豪者数は1990年代後半に90万人以上とピークに達したが、その後大幅に落ち込み、2010年代前半には30万人前後とピーク時のおおむね3分の1の水準まで縮小していた。ところが、近年になって豪州人の訪日需要を拡大を背景に直行便の新規就航が相次いだことなどから、日本人渡豪者数も増加に転じ、2016年には8年ぶりに40万人を超えた。

 同政府観光局は、7月以降も堅調に増加するとの見通しを示し、下半期の伸びにも期待している。日本航空が9月1日に成田−メルボルン間に定期直行便を就航させることや、カンタス航空が12月14日に関西空港−シドニー間に季節運航便を就航させることが追い風になると見ている。

 同政府観光局は、2020年までに日本人渡豪者数年間70万人という中期目標を掲げている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る