【現地リポート】大坂・錦織4回戦へ、大坂は劣勢を跳ね返す

序盤にミス連発で劣勢に追い込まれるも、勝者のメンタリティーを見せ試合をひっくり返した

序盤にミス連発で劣勢に追い込まれるも、勝者のメンタリティーを見せ試合をひっくり返した

 

錦織はジョアン・ソウサにストレートで勝利

錦織はジョアン・ソウサにストレートで勝利

 全豪オープン第6日目。

 男女の3回戦が行われ、第2センター・コートであるマーガレット・コート・アリーナで大坂なおみと錦織圭の試合が連続して行われた。

 第1試合では大坂なおみは台湾の謝淑薇(シェ・シュウェイ、33歳、世界ランク27位)と対戦して5-7、6-4、6-1の逆転で勝利を収めた。昨年の全米オープンで優勝した大坂は、精神面が強くなったと言われているが、この試合ではまだ不十分であった。

 謝淑薇は、大坂の強力なサーブ、ストロークを徹底して返球し続けた。第1セット途中から、大坂は根負けして、凡ミスを連発。あっさりと第1セットを取られた。第2セットに入っても悪い流れを変えられず、先にブレークを許した時点で、大坂はパニック状態となりコートに倒れこんでしまった。

 この状態を見た観客の大半は大坂の敗戦を確実と思っただろう。しかし、現在の大坂は、勝者として積み重なった経験から、この状況を変える方法を学んでいた。

 緩急を付けた返球で相手のリズムを崩して、自分のリズムを取り戻す手段に出た。落ち着きを取り戻した大坂は完全に復調して、第2、第3セットを連取した。

 錦織は、ジョアン・ソウサ(ポルトガル、29歳、44位)と対戦してストレートで勝利した。

 大坂、錦織共に第2週の4回戦、ベスト16に駒を進めた。

(文・写真:イタさん=板屋雅博/日豪プレス・ジャーナリスト、フォトグラファー、駐日代表)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る