セイコー直営店がシドニー市内QVBにオープン

セイコーウォッチは3月1日、オセアニア地域で初となる高級時計の直営店「セイコー・ブティック」をシドニー市内中心部にある人気ショッピング・センター「クイーン・ビクトリア・ビルディング(QVB)」内に開店。翌2日、オープニング・セレモニーを行った。

QVB内の店舗前でテープカットが行われた

QVB内の店舗前でテープカットが行われた
今回のオープンに合わせて来豪した梅本宏彦・代表取締役副社長兼最高執行責任者(COO)

今回のオープンに合わせて来豪した梅本宏彦・代表取締役副社長兼最高執行責任者(COO)

当日、オープニング・イベントに訪れたセイコーウォッチ株式会社の梅本宏彦・代表取締役副社長兼最高執行責任者(COO)は本紙の取材に対し「セイコーは長きにわたりオーストラリアで販売をしてきましたが、今回ブティックを開くことでセイコーのより良い高級品をオーストラリアの方々に見て頂こうと考えオープンを果たしました」とコメント。「お住まいの日本人の方にもぜひ実際にセイコーの高級品を手に取って頂ければと思います。応援のほどよろしくお願いします」と話した。

直営店では、セイコーが所有する最高級ブランド「グランドセイコー」をはじめとした高級品を中心に展示し、中には日本円で約3,500万円の価値を持つ最高級品も扱われる。セイコーの直営店はシドニー店で64店舗目となる。

店内の雰囲気も洗練されている

店内の雰囲気も洗練されている
1.オープンに際し、スタッフから花束が手渡された2.会場ではシドニーで人気のすし店「KOMARU」のシェフ・長島氏が寿司を振る舞った3.世界初のGPSソーラー・ウォッチとして人気のアストロン・シリーズ

1.オープンに際し、スタッフから花束が手渡された 2.会場ではシドニーで人気のすし店「KOMARU」のシェフ・長島氏が寿司を振る舞った 3.世界初のGPSソーラー・ウォッチとして人気のアストロン・シリーズ

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る