ヌーサ、ゴールド・コーストを追い抜く地価上昇

QLD州不動産業界機関調べ

 QLD州の不動産業界機関、Real Estate Institute of Queensland(REIQ)の最新の報告書で、州内不動産市場において、サンシャイン・コーストのヌーサがゴールド・コーストを抜いて一等地になったと伝えている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 REIQのアントニア・メルコレラCEOは、「ヌーサは特別な土地であり、需要はつねに強いが供給は限られている」と述べている。

 2018年6月の平均住宅価格はヌーサは$695,000、年間上昇率は6.9%となっている。これに対してゴールド・コーストは平均住宅価格は$622,000、年間上昇率は4.5%となっている。また、2017年のブリスベン地域の平均住宅価格は$673,000で、昨年1年間で2.5%上昇している。

 また、ヌーサ・ヘッズの賃貸住宅の場合、2017年11月現在で週$700となっている。また、サンシャイン・コーストの住宅不動産価格はブリスベン都市部のメディアン価格と比較しても約$22,000高い。

 REIQは、「ブリスベンの安定した持続性のある成長で不動産購入者の信頼感も大きくなっている。ブリスベン市場の人気の原因はそういうところにある。シドニーやメルボルンのような狂騒的な価格上昇はなかった。従って、バブル、破裂というサイクルは考えられない」と述べている。

 REIQのメルコレラCEOは、「ブリスベンのこれほどの変わり様はこれまで見たことがなかった。人口も増え続けており、期待の持てる大規模プロジェクトがいくつもある。それがブリスベンの姿を変えることになるだろう」と述べている。
■ソース
Noosa tops Gold Coast as Queensland’s ‘most prestigious’ property market

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る