ナナのファミリー・アップル・パイ商品が全国リコール

大手スーパーで販売、「ガラスの破片が混入の疑い」

 12月5日、ナナのファミリー・アップル・パイ(Nanna’s family apple pies)にガラスの破片が混入している可能性があるとして、同商品の全国リコールが発表された。

 このアップル・パイ商品は、国内ではコールズ、ウールワース、IGA、フードランズその他の独立系スーパーマーケットで販売されている。

 リコール対象になっているのは、同ブランドの600gアップル・パイ商品で”best-before”の日付が”October 21, 2020″および”October 22, 2020″のもの。

 New South Wales Food Authority(NSW州食品管理局)のウェブサイトの声明は、同商品パッケージの中にガラスの破片が混入している可能性があるためとしている。

 また、ガラスの破片がパイに混入したルートとして、「メーカーの設備の故障」を原因として挙げており、「安全策を採って、ガラスの破片が混入した可能性のあるバッチのリコールを発表する」と述べている。

 同社の該当する商品を購入した消費者は、同商品を購入先の店頭に持参し、全額払い戻しを受けるよう呼びかけが出ている。

 New South Wales Food Authorityでは、同商品を消費した可能性があり、体調に不安を感じている人は医者に診察を受けるよう勧告している。

 ナナの他の食料製品はリコールの対象にはなっていない。
■ソース
Urgent recall issued for Nanna’s family apple pies over glass contamination fears

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る