アデレード・クロウズのコーチ、刺殺される

息子を殺人罪で逮捕

 7月3日、AFLアデレード・クロウズのフィル・ウォルシュ・コーチ(55)が自宅で刺し殺された。周辺を捜索した警察官が息子のサイ・ウォルシュ(26)を発見、逮捕連行、取り調べの末に殺人罪で送検した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日未明、家庭争議の通報でアデレード市サマートン・パーク地区バンジー・アべニューの民家に出動した警察と救急隊が、複数箇所を刺されて倒れているウォルシュ氏を発見、パラメディックスが応急処置したが同氏は現場で死亡した。また、妻のメレディスさんも脚に傷を負っており、病院で手当を受けた。

 息子のサイが失踪したため、周辺を捜索していた警察官が間もなくグレネルグ・イーストで同人を発見、拘束した。サイはフリンダース・メディカル・センターに移され、精神鑑定を受け、病室に監禁された。凶器のナイフは現場で発見されている。

 同日、アデレード・クロウズ・クラブは、「アデレード・フットボール・クラブは、本日早朝、クラブの主任コーチ、フィル・ウォルシュの突然の死去にショックを受けている。この難局にあたって、家族、チーム選手、コーチ、職員のプライバシーを尊重していただけるようお願いする」との声明を発表した。

 また、「日曜日に予定されていたクロウズの試合は行われないが、それ以後の試合は予定通り行われる」と発表されており、日曜日の対戦チーム、ジーロングとクロウズ双方がプレミアシップ2ポイントを与えられる。

 ウォルシュ・コーチの下で、クロウズは12試合を戦い、7勝5敗。
■ソース
Adelaide Crows coach Phil Walsh stabbed to death, son charged with murder

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る