アイス歴の男、母親と甥を刺し殺す

シドニー首都圏西部での惨事

 オーストラリア全国で警察に通報されるだけでも毎日657件の家庭内暴力が起きている。9月8日夜には、シドニー首都圏西部で、アイス歴のある男が母親と甥を刺し殺すという事件が起きた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 9月8日午後11時前、「刃物を持った男が女性を脅している」との通報で警察がロウラー・パークのケネディ・パレードに出動したところ、民家の前の芝生に60代の女性の死体を発見、さらに隣家の芝生で8歳の男児の死体を発見した。警察では、二人は刺傷その他の傷を負っていたと発表している。

 さらに、付近でナイフを持った男を発見、警察官が男を取り押さえてナイフを取り上げ、逮捕した。警察では男に事情聴取しており、男は殺された女性の35歳の息子で、男児のおじに当たると発表している。また、警察では容疑者の男にはアイス中毒歴があると発表している。

 ある隣人は、「忌まわしい事件が起きた。昨日、殺された子供がうちの子供と話し、一緒に遊んでいたのに。昨日はあれほど楽しそうだったのに」とショックを語っている。
■ソース
Woman and boy, 8, found dead outside Sydney house after stabbing attack

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る