10か月失踪男性の遺体発見の民家全焼

TAS州ロンセストンで二重のミステリー

 先週、10か月行方が分からなかった男性の遺体がロンセストンの民家で発見され、男1人が殺人罪で起訴された。しかし、4月16日未明、問題の民家から出火、焼け落ちた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午前3時30分頃、メイフィールドのミッチェル・ストリートの民家が燃えているとの通報があり、消防車が出動した。

 出火当時、民家には人はいなかった。また、出火原因も現在のところ不明。

 焼けた民家は4月11日夜に遺体が発見された現場であり、遺体は10か月近く行方不明になっていたタイソン・ティモシー・クラーク=ロバートソンさん(24)と見られており、イアン・ロズウェル容疑者(45)がクラーク=ロバートソン殺害容疑で起訴されている。
■ソース
Fire destroys Launceston house where remains linked to Tyson Clark-Robertson search found

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る