ビデオのロード・レージで3人逮捕起訴される

暴行、器物損壊などで「喧嘩両成敗」の結果に

 交差点で乗用車の男が車を降り、前の軽トラックから降りていた女の顔を殴りつけた現場を乗用車の後の車の運転者がビデオに撮り、それをインターネットに流した。

 男は暴行罪で逮捕されたが、女も逮捕起訴され、さらに軽トラックを運転していた女(23)も逮捕され、喧嘩両成敗の結果になったが、いずれも違法行為をしていたため。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事件現場はゴスフォードの北東、パシフィック・ハイウェイ旧道がレーク・マンモラーを通過する地域。

 ビデオから警察は男をまず逮捕したが、女も、「道具を投げつけて男の乗用車の窓ガラスを割ってやった」などと書き込みをしていたことから器物損壊の他、走っている車両から身を乗り出したことが道交法違反などで逮捕・起訴している。

 警察では、「7月24日、乗用車と軽トラックはパシフィック・ハイウェイを併走しており、信号で停車したところで暴力事件が起きたとみられる。乗用車の男と軽トラックの女の間で口論になった結果、この暴力事件に発展した」と発表している。

 7月27日、21歳の女がワイヨン警察署で調べを受け、起訴されている。

 一方、41歳の男が7月26日に暴行傷害罪で起訴されている。

 23歳の女は、危険運転、器物損壊、「P」ライセンス・ドライバー規則違反、同乗者のシートベルト不着用などで起訴された。
■ソース
Road rage: Police charge third person after woman punched on central coast

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る