ダーリング・ハーバーで女性1人入院、6人逮捕

クルーズ乱闘に続き、パーティ・ボートでもケンカ

 2月24日夜、シドニー市内の水際観光地、ダーリング・ハーバーで2件の乱闘騒ぎが起き、そのうち1件はパーティ・ボートで起きており、女性1人が海に落ち、女性もう1人が病院に運ばれた。この騒ぎでは機動隊が出動した。2月上旬、NSW州では、大型客船がシドニーから3夜の外洋クルーズ中に騒ぎを起こした7人を水上警察に引き渡すため、航海を中断し、シドニー・ハーバーに戻るという騒ぎが起き、その翌週にはまた別の大型客船が10夜の外洋クルーズ中に1家族団体の23人が他の客にケンカを仕掛けてまわり、遂にクルーズ会社の警備員らと大乱闘を演じた末に州南部海岸のエデン港で警察に引き渡される事件が起きている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午後10時45分頃、ダーリング・ハーバーの観光区域で乱闘が起きたため、警察が制止に入った。その乱闘のほとぼりがさめないうちに近くのキング・ストリート埠頭に停泊していたパーティ・ボート上で大乱闘が始まった。

 警察発表によると、ボートは泥酔した1人を下船させるために埠頭に戻ってきたところだったが、ボートが岸壁を離れて間もなく、埠頭から女性が海に落ちたという声がボートから飛んだ。女性はすぐに助け上げられ、病院に運ばれた。ところが、その事故に続いて船上でケンカが始まり、数人が襲われ、女性一人が腕に軽傷を負って病院に運ばれた。

 警察では6人を逮捕し、デイ・ストリート警察署に連行して起訴した。25歳の女2人が警察官に対する暴行と逮捕に抵抗した罪で、公務執行妨害で、さらに23歳の女1人が暴行で、また23歳の女1人、24歳と26歳の男2人が乱闘罪で起訴された。
■ソース
Sydney party boat brawl ends with woman in hospital, police charge six people

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る