メルボルン市北東部ショッピング・センターで爆弾騒ぎ

夜遅くに警察出動し、駐車場外でバスを点検

 8月9日午後9時頃、VIC州メルボルン市北東部、ノースランド地区のショッピング・センターに警察の爆弾処理班が出動し、駐車場を閉鎖して付近の路上のバスを点検した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 ノースランド・ショッピング・センターの目撃者談によると、ショッピング・センターの買い物客や駐車場にいた客はショッピング・センターから外に誘導され、携帯電話の電源を切るように言われている。

 また、警察は、「駐車場は安全のために閉鎖した。プレストンのマレー・ロード路上で爆弾処理班がバスを点検している」と発表している。

 また、ショッピング・センターの買い物客の一人は、「警備員が私達を誘導し、一度に一人か二人ずつ出て行くようにと指示された」と語っている。

 さらに、「外に出ると、警察官か警備員らしい人達があちこちにいて、何かを探していた」と語っている。

 警察は、「現場周辺の路線バスを他の道路に移動させた」と発表している。
■ソース
Bomb squad heads to Melbourne’s Northland Shopping Centre over bus concerns

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る