WA州パース市の住宅街で5人殺害事件

警察は20代の男を拘置、捜査を続行

 9月9日、WA州パース市北東部地区の住宅で5人が死体で発見された。少なくとも一人は成人女性で何人かの子供も犠牲になっていると発表された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日朝、20代の男が地域の警察署に出頭し、警察官がベッドフォードのクード・ストリートの住宅を調べたところ、複数の死体を発見した。男は警察に拘留され、取り調べを受けているが、同日夕刻にはまだ起訴されていない。

 警察では被害者の数を明らかにしていないが、ポール・スティール副長官は、「最高5人」と語っている。

 5人の年齢性別もまだ明らかにされていないが、少なくとも1人は成人女性と見られている。また、拘留されている男と被害者の続柄も明らかにされていない。また、スティール副長官は、「現場にはこれ以上の危険はない」と発表している。

 周辺の住民は、「若い家族が住んでいて、時折、年配の女性が訪問していた。また、「子供がいて、普段は賑やかな家だったが、今回は奇妙に静かだった。また、この1週間、隣の家には人の気配がなかった。その家には何度か訪ねたことがあるし、被害者家族が自分達の家に来たこともある。恐ろしい事件が起きたものだ」と語っている。

 WA州では今年になった大量家族殺人事件が3回起きている。2018年5月には州南西部マーガレット・リバー地域のオスミントン地域で7人が死体で発見されるという事件があった。

 その事件では4人の子供の祖父のピーター・マイルズも銃弾を受けて死亡しており、ピーターの銃器3丁が押収されている。

 その後、7月、母親と子供3人がパース市北部のエレンブルックの民家で死体となって発見された。ティーンカム・バーノン・ピーターセン=クロフツが逮捕起訴されている。
■ソース
Bedford suspected mass murder: ‘Up to’ five people found dead at Perth home

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る