アニング極右連邦上院議員、頭に卵打ちつけられる

クライストチャーチ大量射殺事件に反ムスリム発言

 QLD州選出の極右連邦上院議員、フレーザー・アニング氏がメルボルンで記者会見中に17歳の少年に背後から頭に卵を打ちつけられ、振り返って少年を殴り返すという事件が起きた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 3月16日、VIC州メルボルン南東部のムーラビン地区での極右団体主催の政治集会での一幕。

 取材側のビデオには、少年がアニング議員の斜め横から見ていたが、やがて携帯電話で撮影を始めたが、その後で卵を取り出してアニング議員の後頭部に打ちつけている。

 アニング議員は振り向きざま、少年を2回殴りつけ、少年は仰向けに倒れている。その後、周辺の男達が少年に飛びかかり、押さえつけている。その後、少年は2人の警察官に連行された。

 VIC州警察広報担当官は、「警察はハンプトン出身の17歳の少年を逮捕した。その後、釈放したが捜査は続ける」としている。

 極右白人優越主義的発言でしばしば物議を醸しているアニングは、ポーリン・ハンソンのワン・ネーション党上院候補者名簿に載っていて、マルコム・ロバーツ同党議員が二重国籍問題で議員資格を失った後に繰り上げ当選した。しかし、ハンソン党首と仲違いし、ボブ・カッターのオーストラリア党(KAP)に転籍したが、アニング氏の移民、人種関係のヘイト・スピーチがあまりにも奇矯でカッター議員もかばいきれなくなり、遂に同氏を除名している。

 ムーラビン事件を受けて、インターネットの募金サイトでは、少年の裁判費用と「卵購入費」を募るページが開かれている。

 アニング議員は、クライストチャーチのモスク乱射事件直後に、「これでもまだムスリム移民と暴力の関係に反論する者がいるか?」とソーシャル・メディアに投稿している。

 これに対して翌16日にスコット・モリソン連邦首相が、「4月の議会再開時に保守連合と労働党が共同でアニング上院議員の発言に対する譴責動議を提出する。通常ならこのような発言に騒いで話題にすることは避けるのだが、今回のテロ攻撃に関するアニング上院議員の発言は満腔の意を持って非難したい。その発言は醜悪であり、オーストラリア社会では許されないことだ。アニングは恥を知るべきだ」と発言した。また、ビル・ショーテン労働党党首も、最大級の言葉でアニング議員を非難している。

 集会は以前に有罪判決を受けたことのある極右活動家、ニール・エリクソンが入場を管理していた。
■ソース
Fraser Anning punches teen after being egged while speaking to media in Melbourne

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る