M1でワイン輸送中のトラックが炎上

北行車線閉鎖で週末の車両が渋滞

 6月28日朝、シドニーとニューカッスルを結ぶパシフィック・ハイウェイの自動車道M1北行き車線でワインを積んだ重連トラックが出火、荷台と積み荷のワインが焼け落ちた。

 現場はホークスベリー川を渡る鉄橋付近で消防車が出動し、この火事で北行き車線が全面通行止めになった。その後、同日昼には消し止め、通行止めも解除された。

 消防局では、消火中に消防車のタンクの水が尽きた。結局、ブッシュファイアを管轄する郡部消防局(RFS)がタンカーを出動させてくれて無事消し止めることができたと発表している。

 また、トラックの運転手は無傷で逃げ出すことができた。この火事のため、最長3kmの渋滞になった。(NP)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る