クレジット・カード犯罪団一斉検挙

英人2人、ブルガリア人1人を逮捕

 クレジット・カード読み取り機を偽造するなどして被害者のカード情報を読み取ってカードを複製、被害者のカード口座を使って金品を盗む犯罪集団の暗躍が以前からニュースになっていた。このカード情報を盗むことをスキミングといい、オーストラリアでは東欧系の犯罪集団の存在が知られていた。

 VIC州メルボルンの警察が国際的なクレジット・カード・スキミング犯罪シンジケートを摘発したことが報道されている。

 6月25日、メルボルンの警察は、メルボルン都心部のATM前で英人(24)、ブルガリア人(42)を逮捕した。26日には同警察が、メルボルン南部ドックランズのホテルから大量の偽造カード、現金スキミング装置、ラップトップ、現金などを押収した。また、6月28日にはNSW州警察がシドニー空港で英人(24)を逮捕しており、VIC州警察が容疑者引き渡し請求を行い、シドニーからメルボルンに護送することになっている。メルボルンで逮捕された2人は、金品詐取などで起訴されており、7月の出廷まで拘置される。

 また、警察では、カード情報詐取の犯行が行われたのはNSW州のエンガディン、ガイミア、ボウラルなどの地区で行われたようだとしており、ATMなどの機械に不審がないか常に警戒し、また口座の取引もステートメントでチェックするよう呼びかけている。(NP)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る