キングズ・クロスの顔役の兄弟射たれる

殺人前歴のあるイブラヒム一家の息子

 ABC放送の報道によると、キングズ・クロスにナイトクラブを経営するジョン・イブラヒムの弟マイケル・イブラヒム(36)がシドニー都心部で銃撃され、負傷するという事件が起きた。マイケル自身殺人罪で有罪判決を受けた人物で、長年抗争の渦中にある。

 警察発表では、1月4日午後10時30分頃、イブラヒムは自宅に近いマコーリー・ストリートの歩道に立っている時、数発の銃弾が発射され、一弾がイブラヒムに当たった。イブラヒムは近くのシドニー病院に運ばれて手当てを受けており、生命に別状はない。発砲現場には警察官が出動し、マコーリー・ストリートのブリッジ・ストリートからベント・ストリートまでの区画を現場検証した。

 マイケル・イブラヒムは、2006年にロビン・ナッソウルがシドニー・インナー・ウエストのチズウィックで刺殺された事件の主犯として殺人罪で有罪判決を受け、懲役9年のうち7年を服役した後、2014年8月に出所したばかり。仮釈放の条件としてキングズ・クロス地域に立ち入らないことが命令されていた。また、服役中の2012年には他の事件の殺人謀議裁判で無罪判決を受けている。

 アラン・シカード警視は、「銃撃犯はおそらく2人組。現場近くに白い車。おそらくアウディの最新型が停まっていたという情報がある。心当たりのある市民の情報を求めている。この事件の動機はまだ不明だ。しかし、犯罪者がこのような往来で銃を使うという事態は憂慮に堪えない。被害者に事情聴取しており、被害者も警察に応じている。また、目撃者や防犯カメラのビデオも調べる」と語っている。(Ratei)
■ソース
John Ibrahim’s brother Michael shot in Sydney’s CBD

http://www.abc.net.au/news/2015-01-05/john-ibrahims-brother-michael-shot-in-sydneys-cbd/5999716

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る