連邦議事堂前でナイフ男を逮捕

連邦議事堂の安全には影響なし

 1月8日正午過ぎ、キャンベラの連邦議事堂大臣執務区画出入り口の外にナイフを持った男が現れ、警察官と護衛官が取り押さえた。

 同日午後12時30分(豪東部時間帯)頃、30代と見られる男がナイフを持って現れ、護衛官が男を説得してナイフを捨てさせようとした。しかし、男が応じなかったため、テーザー(電撃銃)を発射、男を取り押さえた。

 午後1時頃、救急車が到着し、手錠姿の男を病院に運んだ。警察では、「国家安全には何の問題も起きていない」と発表している。

 この事件では、大勢の連邦警察官が出動して現場周辺を警備、車両や通行人を現場から遠ざけた。
■ソース
Police detain man armed with knife outside Parliament House in Canberra

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る