VIC州山岳地帯に猛吹雪でスキー場も積雪

平地でもメルボルンなど寒冷前線直撃

 8月6日、大陸南部を寒冷前線が通過、VIC州山岳地帯は今季最大の猛吹雪に見舞われ、20セント硬貨大の雪が降った。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 寒冷前線は5日夜に州南西部を通過、6日早朝にはメルボルン上空を通過、湾岸地区では時速80kmの突風が吹き荒れた。

 気象庁(BoM)のディーン・スチュワート主任予報官は、「山岳地帯の荒天警報は解除されたが、吹雪は続いている。風力はややおさまったが、それでも平均風速は時速50kmから60km、突風は85kmにも達している。風が強く、吹き飛ばされる雪のために視界がきわめて悪くなる、いわゆるホワイトアウト現象になることもある。6日夕刻には雪はおさまるが、深夜には再び降雪がある。山岳地帯では風力センサーが部分的に凍結しているため、正確な風力を報告することができない」と発表している。

 また、マウント・ホザムでは6日は明け方以来雪がやまない状態で、20セント硬貨大の雪が吹きつけている。スキーヤーが入っていない雪に行くとブーツの上まで雪に沈むから積雪は40cmくらいで、7日はさらに積雪が予報されている。

 州緊急救援局(SES)では、「大雪で楽しめるのはいいが、吹雪はきわめて危険であり、山岳部で行方不明者が出ないよう希望している。荒天の地域では気象状況に十分注意し、スキー場の指定エリアから出ないよう、くれぐれも安全に楽しんでもらいたい」と呼びかけている。

 グレート・アルパイン・ロードは視界がきわめて悪いため通行止めになっている。
■ソース
Blizzards hammer Victoria’s slopes, with snow flakes ‘size of 20-cent pieces’ falling

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る