オバマ前米大統領、シドニーにお忍び訪問

NSW州立美術館で講演、日本も訪問先に

 3月23日午後、バラク・オバマ前米大統領がシドニーに到着したことが伝えられている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 シドニー空港に到着したオバマ氏はそのまま厳重な警戒の車でシドニー市内のインターコンチネンタル・ホテルに移された。

 オバマ氏は同夜、NSW州立美術館で講演することになっている。

 この講演会は「招待客のみ」のイベントであり、招待客がどのような基準で選ばれているのかも明らかにされていない。

 招待客について、広報担当者は、「ビジネスピープル」と答えているが、その人数やオバマ氏の講演内容についても明確にしていない。

 同日午後、インターコンチネンタル・ホテルからシドニー・オペラハウス見学を行ったオバマ氏は、一般市民から、「シドニーをどう思うか?」との質問を受け、「ゴージャス、美しい。大好きだ」と答えている。

 さらに、マルコム・タンブル連邦首相とも面会し、タンブル首相は、ツーショットをツイートし、「ようこそ」とキャプションに書いている。

 オバマ氏を招いた団体はニュージーランド・アメリカ協会と名乗る団体で、実業界や学界のニュージーランドとアメリカの経済的関係の強化推進を目的としている。今回、ニュージーランドを3日間訪問しており、オークランドではニュージーランドの映画俳優、サム・ニール氏がホストを務めるディスカッションに参加した他、ジャシンダ・アーダーン現首相、ジョン・キー前首相とも面会している。

 オーストラリアの後、シンガポール、日本も訪問する。
■ソース
Barack Obama tours Sydney Opera House ahead of secretive speech at Art Gallery of NSW

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る