【シドニー虹色通信】子どもたちに現れる変化

東日本大震災・被災地を想う シドニー虹色通信

プロフィル◎JCSシドニー・レインボー・ステイ・プロジェクト
2011年3月11日東日本大震災発生の年、被災児童を支援する目的でシドニーで発足した保養プロジェクト。毎年夏休み期間中に、10人の小中高校生を東北からシドニーにホーム・ステイ招待している。また毎年3月11日前後には、震災復興支援とファンド・レージングの目的で「3.11震災復興支援イベント」を開催している。シドニー日本クラブ(JCS)傘下団体。
www.jcsrainbow.com

文:Yukiko Salisbury(プロジェクト代表)

第6回 子どもたちに現れる変化

2011年の東日本大震災以降、「レインボー・プロジェクト」という、被災児童の為のシドニー保養滞在プロジェクトを立ち上げ、第1弾は同年8月に実施されました。シドニーの自然豊かで安全な環境の下、ホームステイ家庭で現地の生活を体験したり、現地学校で文化交流をしたり、先住民の伝統芸能を見学し異文化に触れたり、現地企業の社会見学をするなど、保養だけではなく国際的視野を培う内容も含まれます。

対象年齢は小学校高学年から高校生で、応募条件は震災罹災証明書の保持、海外初体験であること。また事前に作文も提出してもらいます。

これはその応募作文の一部分です。「福島第一原発の事故で一変した日常。次々に避難していく友達。放射能の考え方の違いから離れていく友達との心の距離。毎日何かと闘っているようで、本当に疲れ果てていました。そんな中、保養の存在を知りました。福島の子どもたちを心配してくれる人々の温かい気持ちを知って、私の心は少しずつ元気になっていきました。助かった命、たくさんの人が支えてくれている。もっと一生懸命に生きなければ…そんな風に思えるようになりました」(中3女子)

シドニー空港での初対面の際、10人の子どもたちはみんな緊張していますが、後から写真を見ると、最初の到着時の顔と帰る時の顔は全く変わっています。

アボリジニの文化体験などさまざまなプログラムが用意されている
アボリジニの文化体験などさまざまなプログラムが用意されている

滞在中には、こちらが期待するほど、子どもたちは感情を表に出しませんが、最後のお別れ会では、別れが寂しく泣き出してしまう子が続出します。

そして帰国後の変化は、期待以上に表れていました。滞在終了後に保護者に対してアンケートを取りますが、一番多いコメントが「今まであまり英語が好きではなかったのに、英語の勉強を一生懸命するようになった」「将来留学をしたいと言いだした」「自分も将来他の人に喜ばれるような仕事をしたい」などです。

ある高校生の男の子はこのような事後感想文を書いてくれました。「震災でつらい経験もしたけど、シドニーに来てたくさんの人たちと出会い、良い経験ができた。これは僕の一生の宝物です。今はシドニーに留学するという夢が出来たので、これから一生懸命夢に向かって頑張りたい」

帰国後もお互いの交流は継続していて、シドニーや東北に家族が増えたようだと皆さん考えています。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る