「彼に言われたありえないひと言」

私のカレは外国人
~ちょっと言わせて ! 彼の○○~

私のカレは外国人
今や珍しくなくなった日本人×外国人のカップル。とは言え、やはり異なる文化や価値観を持つ者同士、想像もできない苦労や驚きがあるよう。日常生活の思いがけないギャップや納得いかないプチ怒り、うっとりしてしまう愛の表現から思わず笑ってしまう勘違いまで、外国人の彼を持つ日本人女性に仰天エピソードを毎回テーマごとに語ってもらいます。
今回のテーマは、
「彼に言われたありえないひと言」
(回答者の年齢・職業・お相手の国籍)、編:編集部からのコメント



つ毛ないね。できたら分けてあげたいのに」。白人の彼に比べるとアジア人の私のまつ毛は確かに短すぎるけど、ショックでした。
(22歳・学生/彼=オーストラリア)
編:きっと、これも彼なりの思いやり…!?

る日突然「赤ちゃん」と呼ばれました。何かと思ったら、「ベイビー」は日本語で「赤ちゃん」だと習ったということ。プリンセス=姫ということを知った時にも、「姫ちゃーん」と呼ばれました。あと「ふぐちゃん」とも…。太っていると言いたいのか ?? って思って理由を尋ねたところ、「赤ちゃんの時プクプクしてたんでしょ。だからふぐちゃん」って。
(31歳・学生/彼=オーストラリア)
編:赤ちゃんって…。英語ってクールに聞こえるけど、カッコイイ彼なら日本語も甘く響くわぁ…(?)。このラブラブ・カップルは、この話をくれた2日後に結婚しました。おめでとうございます☆
私のカレは外国人

が言うには、「ヌーディストビーチに行くのは、楽しいから好き。でも、君が甥っ子とお風呂に入るなんて信じられないよ」。彼にとって、ヌーディスト・ビーチは開放感を感じてリラックスできる場所らしい。私はシドニーに来て初めて彼に連れて行ってもらったのですが、目のやり場もないし、早く帰りたくなってしまいました。日本の温泉が混浴でないことも不思議がる彼。そんな彼なのに、私が6歳の甥っ子とお風呂に入るといったら、「この国ではありえない ! 」と言うんです。また、ビーチで可愛い子どもの写真を撮ろうとしただけで、止められてしまいました。卑猥なことに使われることが問題視されているのが原因みたいですが、私には彼のラインの引き方がまったく分からず、カルチャー・ショックでした。
(30歳・会社員/彼=オーストラリア)
編:こんな文化の違いにもかかわらず、この2人もこのエピソードをくれた2週後に和装で挙式(写真)! 愛さえあれば、多少のショックは乗り越えられる ! おめでとうございます〜☆
私のカレは外国人

る時「豊胸手術しようかなぁ〜」と言うと「いいよ。今さら ! 」と。「オレは騙された…。まさかパット入れてたなんて…」とポツリと小声で言ったのを私は聞き逃しません。もう立ち直れないほどのショック !!
(25歳・ワーホリ/彼=イラン)
編:う〜ん…。確かにこのひと言は凹みますよね〜

からニュージーランドに行くから」と突然のひと言。その日は仕事があったにもかかわらず、飛行機のチケットを渡されて、ニュージーランドの彼の実家に連れて行かれました。実は私との結婚を考えてくれていて、こんなドラマティックな(?)強硬手段に出たみたい。でも私のビザが5日後に切れることもあって、結局オーストラリアに戻ることに。現在彼とは遠距離恋愛なんです〜。
(31歳・会社員/彼=ニュージーランド)
編集:突然連れて行かれるなんて、映画みたい!事実は小説よりナントカ…。人生って何が起こるか分からないですよね。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る