過熱するハロウィン市場! あなたのビジネスは今すぐ参入するべきか?

今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!

楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

過熱するハロウィン市場! あなたのビジネスは今すぐ参入するべきか?

10月に入り、今年も残りわずかとなってきました。10月から年末にかけては、ハロウィン、クリスマスという大きなイベントがあり、商売のピークを迎えるという業種も多いことでしょう。そんな中、日本ではハロウィン市場が活況です。2014年のハロウィン市場規模は1,100億円となり、ついにバレンタイン・デー(1,080億円)を上回りました。そこで自分の商売もハロウィンに比重を移そうか?と考える人も多いでしょうが、果たして、ハロウィン市場に本気で参入する価値はあるのでしょうか?

◆誰のためのイベントなのかを考える
 ハロウィンが市場規模でバレンタインを超えたという話題に飛びつく前に、考えなければいけないのが「ターゲット」です。つまり、どういう人たちがそのイベントに参加し、お金を落としているのか。日本のハロウィンは、ほぼ「若年層」に限定されており、10代後半から20代後半までの消費単価の低い人たちが主な消費者層です。一方、クリスマスやバレンタインは若者から高齢者まで幅広い年齢層が消費します。また、ハロウィンにはプレゼントの習慣がなく、購買意欲は仲間内または自分という非常に狭い範囲にしか向かないのが特徴です。そこから考えても、若年層に特化したビジネス以外は、クリスマス市場への販促費を削ってまでハロウィンに注力すべきとは言えません。

◆結局、支えているのは「食」の産業
 さて、これらのイベントでは、どういった商品が消費されているのでしょうか?この答えは簡単です。ハロウィンならお菓子、クリスマスならチキンやケーキ、バレンタインならチョコレート。こうしたイベントでは主に「食」に関わる産業が経済を支えています。ここまでは、誰もが知っていることですが、老舗マーケティング会社「富士経済」が昨年発表した、各イベントにおける主要食品メニュー(小売ベース)の市場規模調査では、クリスマスの915億円、バレンタインの603億円に対し、ハロウィンはたったの102億円と、ほか2つのイベントに大きく差をつけられています。つまり、少なくとも小売業では、従来通り、ハロウィンよりもクリスマスやバレンタインの販促に力を入れておいたほうが理にかなっていると言えます。
 冒頭の「市場規模」というのは、例えば、東京ディズニーランドへの入場者数が急増するといった要素も含むマクロ経済的な数字です。そのため、我々スモール・ビジネスには参考にならない場合もあるのです。

◆今から販促をかけるなら絶対にクリスマス!
 このように、ハロウィン市場はスモール・ビジネスにとって、まだまだクリスマス市場にはかないません。しかも、今年の年末年始休暇は最大12連休!クリスマス・イブが木曜日、クリスマスが金曜日と経済効果的にも最高の曜日の並びとなっています。そういう意味でも、今年ラスト・スパートの販促をかけるなら、ハロウィンよりも断然クリスマスだと言えるでしょう。


森茂樹
●出版・映画会社の角川書店入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る