SNSの飽和状態で今後注目される広告メディアとは

今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!
楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

SNSの飽和状態で今後注目される広告メディアとは

広告代理店最大手・電通は2月22日、日本の総広告費や業種別広告費など、広告業界の動向を調査した「2017年日本の広告費」を発表しました。この発表によれば、総広告費は緩やかな景気拡大から前年比101.6パーセントとなり6兆3,907億円でした。業種別では「新聞広告費」(前年比94.8パーセント)、「雑誌広告費」(同91.0パーセント)、「ラジオ広告費」(同100.4パーセント)、「テレビ・メディア広告費」(同99.1パーセント、地上波テレビと衛星メディア関連)を合計した「マスコミ4媒体広告費」は同97.7パーセントとなりました。「インターネット広告費」(同115.2パーセント)は、特にモバイルでの運用型広告、動画広告が伸長し、広告費全体を押し上げました。

さて、これを見るといわゆる4大マス・メディアは年々そのメディア・パワーを失い、ネット広告の隆盛が続いているように見えます。しかし、ネット広告の中心的存在となっているSNSは今や飽和状態となっており、なかなかどのSNSに広告比重を置くべきかが分かりにくくなっているのも事実。そこで、今回は今後注目される広告メディアについて紹介します。

◆巻き返しを図る雑誌の奮闘に期待

4大マス・メディアの中で最も広告売上の下げ幅が大きい雑誌ですが、巻き返しを図れる可能性はあります。毎週・毎月購入するお気に入りの雑誌があった人も多いことでしょう。

つまり雑誌は元々は読者の囲い込みが得意で、ソーシャル・メディアに近い側面を持っています。また、ネットとの連動もしやすいためクロス・メディア戦略を立てやすい媒体です。

同時に現在は出稿費用も安くなってきていることから、実は狙い目の広告メディアと言えます。今後はSNSを活用したプロモーションや電子雑誌の広告事業に注目が集まりそうです。

◆プロモーション・メディア広告を見直そう

プロモーション・メディア広告とは販促活動に発生する広告のことです。看板やDM、チラシ、フリー・ペーパーなどアナログなイメージのあるプロモーション・メディア広告ですが、実はこれらは総広告費用の半分以上を占める重要な広告なのです。その中でも、デジタル・サイネージや看板広告は近年ずっと堅調に売り上げを伸ばしています。特に商業施設や外国人観光客が増えている空港などではデジタル看板などで高い広告効果を出しています。

更に、地域マーケティングとしてはDMやフリー・ペーパー(日豪プレスなど)なども広告売上を伸ばしています。これらはやはり消費者の生活と接点が高く、告知が浸透しやすいという点が特長で、インターネットとの融合もしやすいため広告効果を高めやすいと言えます。

いかがでしたか? ネットに傾倒していると思われがちな広告ですが、意外とアナログとデジタルの融合から高い費用対効果を出すことができるのが今の広告です。あとはアイデアや企画次第。売上を上げたいのであれば、ぜひメディアや広告のプロに相談してみましょう!


森茂樹
●出版・映画会社のKADOKAWA入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る