地元の店舗や中小企業など、ローカル・ビジネスに重要な「MEO」とは?

今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!
楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

地元の店舗や中小企業など、ローカル・ビジネスに重要な「MEO」とは?

飲食店や美容院、会計士など地元に密着しているビジネスでは、何よりも地元の人の集客が大切ですよね。そのため、ウェブサイトでは「来訪」を促す導線が重要ですが、ウェブサイトだけではなかなか見つけてもらいにくいという人も多いかと思います。今回は、もっと簡単に「来客」を促すことのできる「MEO」を紹介します。

◆MEOとは――グーグル・マップを使ったSEO

SEOという言葉はご存知の人も多いと思います。「検索エンジン最適化」(Search Engine Optimization)のことですが、MEOとは「Map Engine Optimization」の略です。例えば、近所の店舗や会社をグーグルで検索した時、ウェブサイトの検索結果よりも上にグーグル・マップが表示されることをご存知でしょうか? その画面では、マップと合わせて上位3つの店舗が表示されることになっています。その部分への表示確率を高めることを「MEO対策」と呼びます。

◆MEOがSEOよりも優れている理由

通常の検索結果よりも上部に表示されるため、SEO対策に代わる「新しい検索対策」として注目されているMEO。その有効性は通常のウェブサイトを検索するよりも1.5倍の閲覧率とされています。MEO対策を行うことで、グーグル・マップのアプリ上にも反映されるので、ぜひとも上位表示を狙いたいところですよね。
 例えばグーグルまたはグーグル・マップで「シドニー ラーメン」と検索してみてください。右の画像のような結果になったかと思います。また「エリア名」+「自身のビジネス分野」で検索してみると、競合他社のMEO対策を見ることができます。このようにローカル・ビジネスを行う上で、MEO対策はとても重要だということが分かって頂けるかと思います。

◆MEO対策の第1歩は「グーグル・マイビジネス」から

MEO対策はウェブサイトを持っていなくても可能です。まずは無料のグーグル・マイビジネスを登録することからスタートしましょう。上位表示されるポイントは面倒がらずに、情報はできる限り詳細に記入することです。


森茂樹
●出版・映画会社のKADOKAWA入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る