サクラハウス「グローバルな日本ラグビー」

サクラホテル/ホステル、サクラハウス

世界中から毎年約110カ国籍のゲストが訪れるという、東京のサクラハウス。ここでは毎日国際色豊かな光景が広がっている。そこで本コラムでは、このサクラハウスのスタッフたちが、ユニークなゲストたちやエピソードをご紹介。

サクラハウスとは?
1992年の創業以来、海外からのゲストに東京でのマンスリー・アパートやシェアハウス、ドミトリー・タイプの住まいを提供。東京23区を中心に便利な駅近物件を130カ所ほど構え、日本文化・国際的なイベント、ワークショップなども随時実施している。

グローバルな日本ラグビー

2019ラグビーW杯が2年後に迫り、日本への注目が集まっています。

日本はもともと野球やサッカー、相撲など盛んなスポーツがたくさんありましたが、数年前まで日本でラグビーの人気が出ることは誰も想像していなかったと思います。15年のラグビーW杯で日本が強豪南アフリカを破ったことが、日本でのラグビー人気の大きなきっかけとなったことは明らかですね。

日本という世界のラグビーでは無名と言っていいほどのチームが、強豪の南アフリカとのゲームを劇的な形で制したことに、日本人だけではなく世界中の人びとが驚きました。サクラハウスでも、ラグビーの好きなゲストの間で、この話題でとても盛り上がりました。また、当時の日本代表のヘッド・コーチはオーストラリア人のエディー・ジョーンズ氏でしたので、日本のラグビーはオーストラリアでも注目されているとオーストラリア人のゲストから聞きました。日本のラグビーが強豪国のオーストラリアでも知られていることが、とてもうれしかったのを覚えています。

私自身、学生時代からプレーしていたアメリカン・フットボールから現在はラグビーに転向し今でも毎週練習をして試合にも出場していますが、ラグビーをしている日本人には、オーストラリアやニュージーランドにラグビー留学をする人が増えてきています。これは私を含め、ラグビー日本代表のプレーから刺激を受け、世界でも戦えるという自信と夢を持つ人が増えてきているということなので、とてもすばらしいことです。

稲城市市長杯の試合後に対戦チームと記念撮影
稲城市市長杯の試合後に対戦チームと記念撮影

また逆に、日本の地域のラグビー・チームでプレーする外国人が増えてきています。私のラグビー仲間には、オーストラリア、ニュージーランド、フランスから来たプレーヤーもいます。日本全体でラグビーのレベル・アップが行われていると感じます。

ラグビーを通して日本人プレーヤーが海外へ留学し、外国人プレーヤーが日本のチームに参加し、そこで国際的な交流が生まれる。日本のラグビーはそういった意味でも、グローバルなスポーツとなってきていると実感します。

私もラグビー・プレーヤーの1人として、いつかオーストラリアで試合をすることが夢の1つとなっています。
チパ・ムウェニャ(サクラハウス)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る