サクラホテル/ホステル「きっかけをくれたオーストラリア旅行」

世界中から毎年約110カ国のゲストが訪れるという、東京のサクラホテル。ここでは毎日国際色豊かな光景が広がっている。そこで本コラムでは、このサクラホテルのスタッフたちが、ユニークなゲストたちやエピソードをご紹介。

サクラホテル/ホステルとは?
「世界中の人びとが出会い、お互いに理解し合う場を作りたい」をモットーに、創業以来、海外からのゲストに東京での滞在先を提供。姉妹会社のサクラハウスでは、短期から長期滞在の人向けにドミトリー、シェア・ハウス、アパート、町家スタイルのバケーション・レンタルなども案内している。

きっかけをくれたオーストラリア旅行

サクラホテルで働きたいと思ったきっかけは、オーストラリアへの一人旅でした。

私はアメリカでの留学経験があり、海外に行くことには慣れていたものの、それまでは一人旅に行ったことがなく「タイミングがあったら行ってみたい」くらいに思っていました。

そんな時に当時の職場の同僚がよく一人旅をしていて、本当に面白いから一度経験すると良いと勧めてくれたのを機に、1週間の休暇を利用してずっと行きたかったオーストラリアに行きました。

多様なバックグラウンドを持った人びとと交流したかったので、その同僚も薦めていたドミトリー・ルームのあるホステルを予約しました。ゴールドコーストにあるホステルを予約して現地に着くと、そのホステルで働くために来たという中国人の方が話しかけてきてくれました。「分からないことは何でも聞いてね」と親切にしてくれたのを今でも覚えています。ゲストの中には現地の方もいて、お薦めのビーチやショッピングの場所を教えてくれました。現地に着いてすぐにオーストラリアの人は親切で大らかだという印象を受けました。

ホステルで出会った人たちと見たサンセット
ホステルで出会った人たちと見たサンセット

ホステルに滞在中も、ラウンジで仲良くなった人と飲みに行ったり、ご飯を作ったり、サンセットを見に行ったりと、来豪当初に感じていた不安はすぐに払拭されました。

また、帰りの空港行きのバスで乗り換えの仕方がよく分からなかったため、ドライバーに尋ねると、私が乗り換えのバスに乗る瞬間まで見守ってくれていました。その瞬間、あまりの優しさに感動して涙が出ました。

オーストラリア旅行の全てが新鮮で楽しく、一人旅を決意して良かったと心から思いました。自然も豊かで、中でもツアーで行った土ボタルの観測は幻想的過ぎて、帰ってからも思い出すと鳥肌が止まりませんでした。

日本帰国後は、ホステルでの楽しかった思い出が頭から離れず、私がホステルのスタッフとして日本に来るゲストのサポートをしてあげたいと思いました。そこでサクラホテルの存在を知り、今ではスタッフとして働いています。この大きなきっかけを与えてくれたオーストラリア旅行は、ずっと強く心に残ることと思います。
竹内瑞紀(サクラホテル日暮里)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る