第9回 三木友里加さん(21歳)

がんばるワーホリ・メーカーに直撃インタビュー
前向きっ!ワーホリング

前向きっ!ワーホリング
 オーストラリアで頑張るワーキング・ホリデー・メーカーたちにインタビューし、ワーホリの魅力や生の姿を伝えるこのコーナー。第8回は、日本食レストランでウエートレスをしながら、“自分には何ができるのか ? ”と自身の可能性を追い求めて、自分探しをしている三木さんにワーホリ生活を語ってもらった。
第9回 三木友里加さん(21歳)
ワーホリ7カ月目 ◆ リフレクソロジスト、ウエートレス


元気や笑顔を作り出すことは素晴らしい
自分に自信が持てない迷いと不安
 20代前半というと、いろいろなことに興味があったり、これからの未来に大きな期待を抱いたりする世代だ。反対に、自分に自信を持てなくて何が自分に向いているのか、何をやりたいのかが分からないなどと、可能性が大きいからこそ不安を感じる人も多いようだ。「自分には何ができるのか。自分探しのために海外へ行ってみようと思いました」と語る三木さんも、そういった不安を抱える1人だった。
 足裏をマッサージして、血行を良くしたりストレスを和らげたりする効果のあるリフレクソロジーのサロンで、リフレクソロジストとして2年半働いていた彼女は、日本全国に180店舗あるサロンの中で、指名数、予約数、技術力を競う月別の全国ランキング1位に輝いたという実績の持ち主。そんな彼女に海外へ出ようと思わせたのは、勤務先のサロンでの尊敬できる先輩との出会いだった。「先輩は、いつも元気で明るくみんなを盛り上げる太陽のような人でした。リフレクソロジストとしても尊敬していましたし、何より暗い顔をしているとすぐに “大丈夫 ? ” と声をかけてくれる優しいところに憧れていたんです。私も先輩みたいになりたいと強く思いました。しかし、自分にはいったい何ができるのかという疑問が浮かびました」。
リフレクソロジストとして着実に力を着けた彼女だが、その世界だけしか知らない自分に自信が持てなかった。そんな時、学生時代に思い描いていた “英語を話せるようになりたい” という、忘れかけていた夢を思い出した。「リフレクソロジーの仕事も大好きだけど、英語力を上達させいという気持ちがどんどん膨らんで、そして、新しい土地で新しいことに挑戦したくなりました」。ワーキング・ホリデーのことを知り、せっかく海外生活をするなら、ちょうど習い始めたサーフィンを思う存分楽しめる海の近くに住みたいと、迷わずゴールドコースト(GC)を選んだ。
人と接する仕事が好きだと気が付いた
 まず、英語力を上達させるために、6カ月間じっくり語学学校で英語を勉強した。「英語学校はとても楽しく勉強できました。やりたかった英語の勉強ができたのでとても満足しています。それに友達もたくさんできたので、この経験は一生の宝物です」。
 社交的な三木さんは、積極的に英語を話し、どんどん上達した。そして海外生活に慣れ始めたころ、勉強の合間を縫って経験を生かせるリフレクソロジーの仕事を探し始めた。しかし、思うように仕事が見つからず諦めかけていた時、シェアハウスのオーナーからマッサージをしてほしいと頼まれた。「どうしてか分かりませんが、とにかくリフレクソロジーを誰かにしてあげたくて仕方がなかったんです。初めてオーナーにマッサージをした時、ものすごく喜んでくれて、以前やっていた仕事が評価されたような気持ちになりました。だから、ボランティアで周りの人たちにマッサージをしました」。
彼女のマッサージは評判を呼び、シェアハウスのオーナーの友人や知人にまで広がった。「 “ありがとう” “気持ちが良かった” “またやってほしい” と言われると、それだけでパワーをもらえますね」。英語でのコミュニケーションとリフレクソロジーという組み合わせが、新たな刺激となったようだ。
 現在は生活費を稼ぐため、日本食レストランでウエートレスもしている。「ウエートレスはリフレクソロジーとは関係のない仕事ですが、お客様を笑顔にできる、喜んでもらえるところは同じだと思います。人と関わり、元気や笑顔を作り出せることは、本当に素晴らしいことだと思います。笑顔って伝染するんですよ。また、この仕事をきっかけに私は気付きました。やっぱり人と接することが好きなんだと。まだ自分の力で何ができるのか分かりませんが、小さなことでも自分を必要としてくれる人がいるということが分かっただけで、今の私には十分かもしれません」。
 自分には何ができるのか思考錯誤しながら、少しずつ感触をつかみ始めた彼女。残りのワーホリ生活はGCで出会った友達とオーストラリア全土を巡るラウンドの旅に出かけるという。大きな可能性を秘めて、彼女の自分探しの旅はまだまだ続く。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る