シドニー・フェスティバル 2012

新年イベント

オーストラリア最大の夏祭りがやってくる!

シドニー・フェスティバル 2012

毎年1月の3週間は、世界中からさまざまなアーティストたちがシドニーを訪れ、熱いパフォーマンスを繰り広げる。25を超える会場が市内全域に設けられ、地元オージーだけでなく、100万人を超えるビジターがシドニーでアートな夏を満喫!初めての人も、毎年参加している人も、ぴったりのイベントを見つけて楽しもう!

シドニー・フェスティバルは、演劇、音楽、ダンス、映画など、多彩なラインアップが楽しめるのが嬉しいけれど、演目や会場が多すぎて目移りしてしまうことも。本紙では、子どもと一緒に家族で楽しめるイベント、大人の夜を楽しめるイベントに分けてご紹介。フェスティバル初日の大人も子どもも楽しめる無料イベント、フェスティバル・ファースト・ナイトにも大注目!シドニーの夏を、家族そろってエンジョイしよう。

シドニー・フェスティバル2012
■概要
日程:1月7日(土)〜29日(日)
会場:シドニー市内全域の劇場やストリート。パラマタをはじめ、郊外の各地でもさまざまなイベントが開催。
Tel: (02)8248-6500
Web(英語): www.sydneyfestival.org.au/2012
Web(日本語): www.sydneyfestival.org.au/2012/Japanese
■パンフレット市内各所で無料配布中。公式ウェブサイトからダウンロードも可。
■チケット公式ウェブサイト、またはチケット販売エージェントを通す方法もある。エージェントはイベントによって異なるので注意。

【割引チケット】
3つ以上のチケットを購入する場合、「フェスティバル・マルチパック」がお得。3つ以上で10%引き、5つ以上で15%引きとなる。マルチパックで見られるイベントは限定されているので、要確認。
Sydney Festival Multipack Line Tel: 1300-668-813(日休)

【オール25ドルの当日券】
毎朝8時〜正午に「The ANZ Tix for Next to Nix booth」(マーティン・プレイスのジョージ・ストリート側に設置)で当日券を発売。当日の全イベントが対象で、25ドルで楽しめる。売切れ次第終了。人気イベントの日は長蛇の列が予測されるので、早起きして出かけよう。


Festival First Night
フェスティバル・ファースト・ナイト

Map内のハイライト部分

新年イベント

大人も子どもも楽しめるイベント盛りだくさん全部無料なのが嬉しい!

 1月7日のフェスティバル初日は、午後3〜11時にシドニーCBDの各所(左下地図のハイライト部分)で、すべてのステージとショーが無料で楽しめる!午後3時からは子ども向けのイベント、日が暮れたら大人モードへとシフト。お祭り初日のクライマックスに乗り遅れるな!

3PM〜

新年イベント
ホーリー・スロスビー

新年イベント

 午後3時から、ハイド・パークが子ども向けエンターテイメント会場へと姿を変える。登場するアーティストたちの舞台はどれも、子どもたちが楽しめるようにと意図されたものばかり。

 シドニー出身のホーリー・スロスビーは、彼女の子ども向けアルバム“See!”から全曲を披露。アメリカのロック・バンド、ザ・プレジデントのボーカル、クリス・バルーは、キャスパー・ベビーパンツと名前を変えて子どもたちのために良質のロックンロールを披露してくれる。

 音楽のほかにも、オーストラリアの先住民、アボリジニの人々に何百年にもわたって受け継がれてきた物語を、指人形で紹介してくれる舞台など、大人も子どもも引き込まれる仕掛けが目白押しだ。

 一番の目玉は、ポリグロット・シアターが送る、巨大なゴムでできたクモの巣状の「タングル」だろう。これはビジュアル・アートであり、パフォーマンスであり、子どもの遊び場であり、ダンス・パーティー会場であり、とにかく、子どもたちが参加して楽しめる体験アートの場を提供してくれる。子どもと一緒に大人も童心に帰って遊んでみるのもいいかもしれない。

After the sun sets

新年イベント

 日が暮れたら、ハイド・パーク周辺の通りでお祭り騒ぎの始まり!まず、カレッジ・ストリートでは、大仕掛けの空中パフォーマンス「アズ・ザ・ワールド・ティップト」が大胆不敵なワイヤー・アクションを繰り広げる。クレーン車を使い、まさに、ステージを垂直にまで傾ける(tipped)というから驚きだ。屋外ならではのスケール感を楽しもう

 エリザベス・ストリートでは、去年のシドニー・フェスティバルで一番人気だったトロカデロ・ダンス・パレスが見逃せない。40・50年代に全盛期を迎えたスイング・ダンスの殿堂、トロカデロがストリート上によみがえり、サイレン・ビッグ・バンドがダンサーたちを従えて、ロカビリー、スイング、チャチャチャなど、多彩なパフォーマンスを見せてくれる。

 マッコーリー・ストリートは、オーストラリアでコンテンポラリー・アートをリードするブルック・アンドリューの手で、通り全体がアートに生まれ変わる。シドニー・フェスティバル初お目見えのこのショー、どんな仕掛けが待っているのかは行ってみてのお楽しみ。

 今年初の試みとして、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館も夜11時までオープン。入場は無料で、ピカソ展(有料)をはじめ、音楽、映画など、さまざまなパフォーマンスも用意されており、家族で楽しめる。
 

For Children and Family
子どもも大人も、家族でエンジョイ

アニマジカ
Animagica
   Map ①

新年イベント

 1920〜40年代に映画業界に大きな影響を与えたアニメ作家のロッテ・ライニガー。アニマジカは、シルエットで表現される彼女の繊細な映画に合わせて、アイスランドの
グループ、アイミナが優美で幽玄な音楽を奏でる、親子で楽しめるショーだ。シンデレラなど、分かりやすい映画が題材なのも子ども連れには嬉しい。

▼会場:ザ・フェイマス・スピーゲルテント(The Famous Spiegeltent)
▼日時:1月24日(火)11AM、25日(水) 11AM・1PM
▼料金:$18
▼Tel: 132-849(Ticketek)

ザ・リスト・オペレーターズ・フォー・キッズ・ドゥー・コンプーターズ
The List Operators for Kids do Compooters
   Map 域外

新年イベント

 小難しい顔をして美術鑑賞するだけがアートじゃない!時には、親子そろってお腹がよじれるほど笑ってみるのはいかが?ザ・リスティーズの2人組がお届けする理屈抜きのシンプルな笑いは、子どもだけでなく、年代、性別、言葉、文化の壁を越えて、観客すべてを笑顔にしてくれること間違いなし。

▼会場:ヨーク・シアター(York Theatre)、セイモア・セ ンター(Saymour Centre)
▼日時:1月10日(火)〜13日 (金)10AM、11日(水)〜13日(金)12:30PM
▼料金: $18
▼Tel: 132-849 (Ticketek)

ホーリー・スロスビー
Holly Throsby
   Map ①

新年イベント

 子どもと一緒に音楽会に行きたいけれど、周りに迷惑をかけないか心配…。そんな悩みは、このステージには無用。子ども向けのオリジナル・ソングを集めたアルバム“See!”が好評を博したホーリー・スロスビーだから、子どもが楽しめる舞台が期待できる。50分と時間が短いのも子ども連れには嬉しいところ。

▼会場:ザ・フェイマス・スピーゲルテント(The Famous Spiegeltent)
▼日時:1月12日(木)〜13日(金)10AM 、 11:30AM
▼料金:$18
▼tel: 132-489 (Ticketek)
 

For Adults
夜はしっとり、大人だけの時間を過ごして

フェスティバル・ガーデン
Festival Garden
   Map ①

新年イベント

 ハイド・パーク内に設置されたフェスティバル・ガーデンは、夕方5時に始まる18歳以上限定の大人のための飲食スペース。仕事帰りにビア・ガーデン感覚で軽く1杯、といきたいところだ。

▼ハイド・パーク(Hyde Park)
▼日程:1月8日(日)〜29 日(日)5PM〜、1月9・16・23日休 *18歳以上限定
▼料金: 無料
▼演目詳細はパンフレットか公式ウェブサイト参照

リトル・マッチ・ガール
Little Match Girl
   Map ①

新年イベント

 マッチの明かりが見せてくれる幻影に包まれて、1人天国へと旅立っていった「マッチ売りの少女」。この有名なアンデルセン童話の現代版である本ステージは、今を生きる私たちの孤独を浮き彫りにしながら、それでも幸せになることは決して難しいことではないのだと、ひと筋の希望の光を示してくれる。

▼会場:ザ・フェイマス・スピーゲルテント(The Famous Spiegeltent)
▼日程:1月6日(金)〜29日(日)、1月7日 休
▼時間:火・水・木・土・日9:30PM、金7:30PM、9:30PM
▼ 料金:$60〜65
▼Tel: 132-849 (Ticketek)

キーストーン・フェスティバル・バー
Keystone Festival Bar
   Map ②

新年イベント

 午後8時からバラックス博物館が最新ミュージック・シーンに変身。バーで待ち合わせして、ちょっと飲んで何かつまんで、世界中から集まった有名DJやバンドのライブで夜を踊り明かそう!
*本紙53ページにも関連情報あり

▼場所:ハイド・パーク・バラックス博物館(Hyde Park Barracks Museum)
▼日程:1月8日(日)・9日(月)、11 日(水)〜14日(土)、18日(水)〜21日(土)、25日 (水)〜28日(土)
▼時間:8PM 、18歳以上限定
▼料金: $32〜52(入場料はショーによって異なる)、11:30PM か ら入場無料(満員御免)
▼演目詳細はパンフレットか公式 ウェブサイト参照

ディアフーフ&DJヤマタカ・アイ
Deerhoof and DJ Yamataka Eye
   Map ②

新年イベント

 日本だけでなく世界で活躍するDJ、ヤマタカ・アイが、アメリカのデイアフーフとの魅惑コラボで、クリエイティブでエネルギッシュなライブ・パフォーマンスを繰り広げる。既存の枠にはまらないアーティストの競演だから、当日、何が起こるか分からない!?ライブならではの一夜限りの夢が見られそう。

▼場所:キーストーン・フェスィバル・バー(Keystone Festival Bar)
▼日時:1月9日(月)8PM
▼料金:$32
 

NICHIGO Pick Up
日豪プレス・オススメ!見逃せないこの3本!

アイ・アム・エオラ
I Am Eora
   Map 域外

新年イベント

 先住民アボリジニのアーティストたちが大集結。ダンス、パフォーマンス、映画、美術、文学などの要素が、ミュージカル形式でダイナミックに融合する。単なる伝統芸能としてではなく、コンテンポラリー・アートとして、アボリジニの人々のパワーを体感できる、またとない機会となりそうだ。

▼場所:レッドファーン駅から徒歩8分のキャリッジワー クス(Carriageworks)
▼日時:1月8日(日)、14日(土) 5PM 、1月10日(火)〜14日(土)8:30PM
▼料金:$44〜 59
▼Tel: 1300-723-038(Ticketmaster)

ウエスト・サイド・ストーリー
West Side Story
   Map ③

新年イベント

 今年のシドニー・シンフォニー・オーケストラは、アメリカのミュージカル音楽の巨匠、バーンスタインの楽曲を選んだ。アカデミー賞受賞のミュージカル映画『ウエスト・サイド・ストーリー』の映像に載せて、名曲の数々がオーケストラ・バージョンの大迫力でオペラ・ハウスに響き渡る。

▼場所:コンサート・ホール、シドニー・オペラ・ハウス (Concert Hall, Sydney Opera House)
▼日時:1月27日 (金)・28日(土)7PM、2PM
▼料金:$54〜115
▼Tel: (02)9250-7777(Sydney Opera House)

バベル(ワーズ)
Babel (Words)
   Map ④

新年イベント

 ヨーロッパで今一番ホットな舞踊家、チャークワイとジャレットの2人が、西洋のコンテンポラリー・ダンスと、世界中のアートから取り入れたさまざまな異なる動きを融合させ、ここでしか見られない“バベル”の世界観を見せてくれる。最先端アートを体験してみたいという人にお薦めのステージ。

▼会場:シドニー・シアター・アット・ウォルシュ・ベイ (Sydney Theatre at Walsh Bay)
▼日時:1月9日(月)〜11 日(水)、13日(金)・14日(土)8PM
▼料金:$79〜89
▼Tel: 132-849(Ticketek)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る