【8月】シドニー・イベント

■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■KIDS向けイベント紹介は、こちらでご紹介しています。


THEATRE


©Opera Australia
©Opera Australia

ドン・カルロ
Don Carlos

16世紀のスペインを舞台にしたヴェルディのオペラ。スペイン王子ドン・カルロとフランスの王女エリザベートは互いに深く愛し合い、結婚を予定していた。ところが政治的策略のため、エリザベートはカルロの父であるスペイン国王フィリッポ2世との結婚を強いられる。引き裂かれた2人と、彼らを取り巻く人々の愛憎と友情の物語。総勢200人近くの俳優が出演する今作品は2013年の『ニーベルングの指環』以来最大規模の舞台となる。

▼会場:Sydney Opera House
▼日程:開催中~8月15日(土)
▼料金:一般$44~395、コンセッション$44~355、18歳未満$44~197
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: opera.org.au/whatson/events/don-carlos-sydney

©Opera Australia
©Opera Australia

フィガロの結婚
The Marriage of Figaro

モーツァルトのクラッシク・コメディー・オペラ。「セビリアの理髪師」の好評を受けての続編となる同作は、18世紀半ばのスペイン、セビリアが舞台。アルマヴィーヴァ伯爵の従者フィガロと、女中スザンナが結婚する日から始まる。2人の主人である伯爵がスザンナを誘惑していると知ったフィガロは、伯爵を懲らしめようと少年ケルビーノにスザンナの服を着せて驚かそうと一計を案じるが…。

▼会場:Sydney Opera House
▼日程:8月6日(木)~29日(土)
▼料金:一般$4 4~330、コンセッション$44 ~269、18歳未満$44~159
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: opera.org.au/whatson/events/the-marriageof-figaro-sydney

©Nico Herman-offset.com_duo
©Nico Herman-offset.com_duo

ロミオとジュリエット
Romeo & Juliet

シェークスピアの不朽のロマンス「ロミオとジュリエット」を、シドニー交響楽団の生演奏とともに楽しめる贅沢な舞台公演。ヴェローナの街でいがみ合う2つの旧家、モンタギュー家とキャピュレット家。モンタギュー家の1人息子ロミオと、キャピュレット家の1人娘ジュリエットが、ある舞踏会で出会い恋に落ちたところからこの悲恋は始まる。運命のいたずらに翻弄された若い2人の死をもって、ついに両家は遅すぎる和解を決意する。

▼会場:Sydney Opera House
▼日程:8月20日(木)~24日(月)
▼料金:一般$39~149、コンセッション$77~117
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneysymphony.com/production-pages/2015/concert-season/romeo-juliet.aspx

MUSIC


©Karen Steains
©Karen Steains

タイコーズ・イン・コンサート
TaikOz in Concert

オーストラリアの和太鼓アンサンブル、「TaikOz」によるパフォーマンス。アメリカの太鼓奏者Joseph Smallと、尺八奏者のRiley Lee、TaikOzの学生グループ「Taiko no wa」10人が競演する。日本の伝統芸能である和太鼓に現代風にアレンジした本公演。尺八の奏でる繊細な音色や、6つの大太鼓によるの迫力のパフォーマンスを楽しもう。

▼会場:Glen Street Theatre(Cnr. Glen St., Blackbutts Rd., Belrose)
▼日程:8月12日(水)プレビュー、13日(木)オープニング、14日(金)~16日(日)
▼料金:大人$51~71、コンセッション$47~65、16歳未満$31~46
▼Tel: (02)9975-1455
★Web: www.glenstreet.com.au/whats/taikoz-concert


ベートーベンズ・ジーニアス
Beethoven’s Genius

190年前、晩年のベートーベンが病床で書き上げた「弦楽四重奏曲第15番」を「Omega Ensemble」による演奏で楽しもう。会場はオペラ・ハウスの1室、Utzon Room。シドニー湾が見渡せ、また、演者たちとの距離がグッと近いことが魅力の会場だ。大空間のコンサート・ホールとはひと味違った贅沢さを満喫できる。今回は、日本人バイオリニストで、オーストラリア・オペラ&バレエ・オーケストラの第2バイオリン・プリンシパルの中村愛リナさんも出演する。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:8月30日(日)2:30PM
▼料金:一般$69、コンセッション$59、30歳未満$29
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/oe15_beethovens_genius.aspx


タイム・フォー・スリー
Time For Three

Zach De Pue、Nick Kendall、Ranaan Meyer の3人による弦楽器トリオ、「タイム・フォー・スリー(TF3)」と、シドニー交響楽団のコンサート。カントリー、ジャズ、オルタナティブ・ロックなど、ジャンルを超えたアレンジで幅広い年齢層のファンを魅了する「TF3」は、いじめに苦しむ子どもたちを応援するビデオ「Stronger(www.youtube.com/watch?v=OG3YOa9vIt8)」でも知られる。

▼会場:Sydeny Opera House
▼日程:8月27日(木)、28日(金)、29日(土)
▼料金:一般$39~99、コンセッション$62~80
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/sso_15_time_for_three.aspx

SPORTS


©Fairfax Media
©Fairfax Media

サンヘラルド シティー・トゥー・サーフ
The Sun-Herald City2Surf

ハイド・パークからスタートし、ダブル・ベイ、ローズ・ベイを通りボンダイ・ビーチまでの美しい14キロのコースを走る大規模なマラソン大会。ウィリアム・ストリートのコカ・コーラの看板の前を、数万人のランナーが走り抜ける様子は特に圧巻。沿道は応援する人たちの声援であふれ、シドニーの街が特別な雰囲気で包まれる。カラフルな仮装をして走る参加者も多く、パレードのようで楽しい。走るのはちょっと自信がない、という人は歩いての参加もOKだ。

▼会場:Hyde Park – Bondi Beach
▼日程:8月9日(日)
▼料金:大人$80~85、子ども$55~60、5歳未満$15
★Web: www.city2surf.com.au


カラー・ラン
Color Run

「世界で一番楽しい5キロ・ラン」がまたやってくる。インドのホーリー祭を起源にアメリカで始まり、その後世界各地に広がったランニング・イベント。「Color」と米式のスペルなのはそのため。参加者は1キロ通過するごとに、ピンク、オレンジ、ブルー、イエローの色粉を投げつけられる。色粉はもちろん、人体には無害のものなので安心。ただ、粉が目や口に入らないようにバンダナ、メガネ、ゴーグルなどの準備があるとより走りやすい。

▼会場:Centennial Park(Cnr. Grand Dr. and Parkes Dr.)
▼日時:8月23日(日)
▼料金:大人$67、団体(4人以上)1人$62、子ども(6~15歳)$51、5歳以下無料
▼Tel:1300-882-058
★Web: www.thecolorrun.com.au


パーキンソン病ユニティー・ウォーク&ラン
Parkingson’s Unity Walk and Run

今年で8年目となるパーキンソン病の闘病患者と家族のための、チャリティー・ウォーク。パーキンソン病は原因も完治にいたる方法も不明の神経系の難病で、オーストラリアには現在8万人以上の闘病患者が存在する。同イベントはその患者と介護者、家族のための募金活動と、病気に対する社会の理解、認知の向上を目的とする。4キロのウォーキングか、4キロもしくは8キロのランニングがあり、車椅子部門も別途設けられている。ウォーキングと4キロのランでは、愛犬との参加も可能。

▼会場:Cathy Freeman Park, Sydney Olympic Park
▼日時:8月30日(日)
▼料金:
<ラン>大人$40、子ども(6~15歳)$35、犬(4キロのみ)$10、
<ウォーク>大人$30、子ども(6~15歳)$20、5歳未満無料、家族割引有り、犬$10
▼Tel: (02)8875-8900
★Web: www.unitywalkandrun.com.au

©Craig Golding
©Craig Golding

シドニー・マラソン
Blackmores Sydney Running Festival

毎年、プロ・アマチュアを問わず多くのマラソン・ランナーたちが参加する人気のマラソン大会。エントリーが今年も始まった。フル・マラソン、ハーフ・マラソンのほかに、9キロのブリッジ・ラン、3.5キロのファミリー・ランがあり、全コース共通でハーバー・ブリッジを渡り、ゴールはオペラ・ハウス横の王立植物園となっている。どの種目でも、シドニーの美しい街並みが思う存分堪能できる。去年は約3万3,500人が参加し、海外からの参加は日本が最多。

▼会場:シドニー市内
▼日程:9月20日(日)
▼料金:<豪州・NZ在住者>フル・マラソン$155、ハーフ・マラソン$120、9キロ・ブリッジ・ラン大人$70、子ども(5~17歳)$45、3.5キロ・ファミリー・ラン大人$50、子ども(5~17歳)$35
▼Tel: (02)9282-0400
★Web: www.sydneyrunningfestival.com.au

FESTIVAL



グッド・フード&ワイン・ショー
Good Food & Wine Show

今年もオーストラリア最大の食とワインの祭典がやって来る。人気ブランドのパスタ、チーズ、デザートなどの各種グルメ食品や、ワイン、ビール、サイダーなどの試飲・試食ができる。オーストラリアの各名産地のワイン講座、人気セレブ・シェフのミゲル・マエストレやアダム・リアウなどによるクッキング・デモンストレーション、ビールのマスタークラスなど、今年も充実した内容になっている。

▼会場:Sydney Showground(Sydney Olympic Park, 1 Showground Rd.)
▼日程:8月7日(金)~9日(日)
▼料金:一般$34、コンセッション$28.90、子ども(12~17歳)$20.40、家族(大人2人、子ども2人)$97、 VIP$99
▼Tel: (03)9261-4500
★Web: goodfoodshow.com.au


韓国映画祭
Korean Film Festival

韓流ファン必見のオーストラリア韓国映画祭。第6回目となる今年もオーストラリア主要都市で、ロマンチック・コメディー、アクション、ドラマ、スリラー、アニメなど、最新韓国映画20作品が公開される。開幕作品はキム・ソンホ監督の『犬どろぼう完全計画』、閉幕作品はシン・スウォン監督の『マドンナ』。すべての作品は英語字幕付きでの公開となる。映画監督やプロデューサーがゲストとして登場し、観客との質疑応答のある作品も。

▼会場:Event Cinema George St.(505-525 George St., Sydney)
▼日程:8月12日(水)~20日(木)
▼料金:一般$16、コンセッション$12.50、メンバー(KCC、ACMI、Events)$11、<6回マルチ・パス>一般$78、コンセッション$66、メンバー(KCC、ACMI、Events)$60
▼Tel: (02)8267-3440
★Web: koffia.com.au

©James Horan
©James Horan

フィフティーズ・フェア
Fifties Fair

ヴィンテージ・ファッションが大好きな人は必見の、50年代をテーマにしたお祭り。50年代のヴィンテージ・ドレス、家具、アクセサリーのショッピングやヘア・スタイリングが楽しめる。50年代のロックンロールを敬愛するアメリカのバンド「TheHi-Boys」やDJのライブ・ステージ、クラッシク・カーやインテリアの展示のほか、ベスト・ドレッサー賞も開催。

▼会場:Rose Seidler House, Sydney Living Museums(71 Clissold Rd., Wahroonga)
▼日程:8月23日(日)10AM~5PM
▼料金:大人$49、コンセッション$39
▼Tel: (02)9989-8020
★Web: sydneylivingmuseums.com.au/fifties-fair


シドニー・イタリアン・ワイン・フェスティバル
Sydney Italian Wine + Food Festival

美味しいイタリアを食べつくそう。イタリアの家電メーカー「Smeg」が主催するイタリアのワインと食の祭典。300種類以上のイタリア・ワインと、イタリア品種を使ったオーストラリア・ワインの試飲のほか、サラミ、チーズ、パスタ、オリーブ・オイル、ハチミツ、ジェラート、パンなどが楽しめる。イタリア・ワインやオリーブ・オイルのマスタークラスや、人気シェフによる調理デモンストレーション、エスプレッソ・マティーニ・バーも。

▼会場:Sydney Town Hall, Lower Ground Level
▼日時:8月30日(日)11AM~9PM
▼料金:セッションA・B$50~55、デイ・パス$65~70、VIPデイ・パス$120~125、イブニング・パス$30
★Web: www.sydneyitalianwinefood.com.au

EXPO



©smashcon

スマッシュ!シドニー漫画・アニメ・ショー
SMASH! Sydney Manga & Anime Show

アニメ、漫画、映画、ゲームなど。日本が世界に誇るポップ・カルチャーをフィーチャーする祭典「SMASH!」が、今年もシドニーにやって来る。ガンダムのワークショップやメイド・カフェ、カラオケのほかに、毎年本格的なコスプレイヤーが競い合うマッドマンのコスプレ・コンペティションや、キャット・ウォークも。毎年豪華ゲストが登場するイベントで、今年は人気コスプレイヤーの麗華、KANAME☆、声優の杉山紀彰ほかを予定している。

▼会場:Rosehill Gardens(James Ruse Dr., Rosehill)
▼日時:8月8日(土)、9(日)9AM~5:30PM(開場は7:30AM)
▼料金:1日券$30~40、2日券$50~55、7歳以下無料
★Web: www.smash.org.au


ドッグ・ラバーズ・ショー
Dog Lovers Show

愛犬家のための最新情報が集うエキスポ。犬との触れ合いコーナーはもちろん、獣医によるトーク・ショー、犬たちによる障害物レース、ライフ・スタイルに合った犬種が分かる「Perfect Match」、保護犬を引き取りたい人への情報コーナー、各分野の専門家(トレーナー、獣医、トリマー)への相談コーナーも。ペット保険1年分やダイソンの掃除機が当たる抽選も。今回は屋内イベントのため、犬を連れての参加は残念ながら不可。

▼会場:Royal Hall of Industries & the Holdern Pavilion(1 Driver Ave., Moore Park)
▼日時:8月15日(土)、16日(日)10AM~5PM
▼料金:大人$20~25、子ども$9~12、年金受給者$15~20、家族(大人2人・子ども2人)$50~60
※読者プレゼントあり(日豪プレス・ウェブサイトnichigopress.jp/campaignより応募)
▼Tel: (03)9696-9961
★Web: dogloversshow.com.au/Sydney


コンシャス・リビング・エキスポ
Conscious Living Expo

地球・食・健康・アート・スピリッツの5つのテーマによる「健康的でサスティナビリティ( 継続可能性)のあるライフ・スタイル」のエキスポ。オーガニック食品、自然治療、サイキック・リーディングなどの出展物を通して、ヘルシーでスピリチュアルな体験ができる。自然や身体に優しい代ショップも。替治療や美容健康法などの紹介のほか、トーク・ショーやライブ音楽、各種ワークショップも。

▼会場:Sydney Technology Park(2 Locomotive St. Eveleigh)
▼日程:8月21日(金)~23日(日)
▼料金:入場料$10~、ワークショップ$25~57、カンファレンス・チケット$44~144
▼Tel: (08)9848-2748
★Web: www.consciouslivingexpo.com.au

EXHIBITION



アーチボルド、ウィンズ、サルマン賞コンテスト
Archibald, Wynne and Sulman Prizes

1921年に開始した、栄えあるアート・コンクール。アーチボルド賞はオーストラリアで最も権威があり、最も優れた肖像画家に贈られ、ウィン賞はオーストラリアの風景画、あるいは人物彫刻に、サルマン賞は風俗画や壁画に贈られる。来場者の投票によって決められるPeople’s Choice Awardも。

▼会場:Art Gallery of NSW
▼日時:開催中~9月27日(日)10AM~5PM
▼料金:大人$15、コンセッション$12、子ども$10
▼Tel: 1800-679-278
★Web: www.artgallery.nsw.gov.au/exhibitions/archibald-wynne-sulman-prizes-2015


マティスと現代アート
Matisse and the Moderns

自然の魔術師と呼ばれ、ほかのヨーロッパの現代画家にも大きな影響を与えた、フランスの画家アンリ・マティスの展示会。現代アートを代表する彼の作品「ジャズ」シリーズは、鮮やかな色紙とはさみを大胆に使った切り絵のアート・ワーク。マティスに影響を受けたほかのアーティストの作品も同時展示する。

▼会場:Art Gallery of NSW
▼日時:開催中~10月25日(日)10AM~5PM
▼料金:入場無料
▼Tel: 1800-679-278
★Web: www.artgallery.nsw.gov.au/exhibitions/matisse-and-the-moderns

Daylight returns. Endurance with rigging covered in ice. 1914-17, Frank Hurley, ANMM Collection.
Daylight returns. Endurance with rigging covered in ice. 1914-17, Frank Hurley, ANMM Collection.

シャクルトン:南極海からの脱出
Shackleton Escape from Antarctica

1914年、アイルランドの探検家アーネスト・シャクルトンが南極を目指す航海の上で氷塊に阻まれ座礁、極限の状態で約1年8カ月にわたる漂流の末、28人のすべての船員とともに奇跡の生還を果たした。その記録を収めたオーストラリア人の写真家フランク・ハーリーによる写真と、シャクルトンの探険の再現を試みたティム・ジャーヴィスによる、シャクルトンの使用した船のレプリカなどを展示する。

▼会場:Australian National Maritime Museum(2 Murray St., Sydney)
▼日時:開催中~4月6日(土)9:30AM~5PM
▼料金:大人(前売り券)$24、コンセッション・子ども(前売り券)$13
▼Tel: (02)9298-3777
★Web: www.anmm.gov.au/whats-on/exhibitions/on-now/shackleton-escape-from-antarctica

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る