【3月】シドニー・イベント/マルディグラ・パレードほか

テイスト・オブ・シドニーで食欲の秋を楽しもう! (Photo: Jessica Wyld)

テイスト・オブ・シドニーで食欲の秋を楽しもう! (Photo: Jessica Wyld)

■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■KIDS向けイベント紹介は、こちらでご紹介しています。


FESTIVAL



マルディ・グラ・パレード
Mardi Gras Parade

今年もLGBTQIの祭典「マルディ・グラ」の代名詞的なパレードがやってくる。ハイド・パーク寄りのオックスフォード・ストリートを起点として、フリンダース・ストリートを通ってムーア・パークまで、ゴージャスなコスチュームをまといメッセージを掲げた総勢1万人の参加者やライトアップされた山車が埋め尽くす。人びとの多様性や熱気を肌で感じられるこのパレード、沿道は見物客でいっぱいになるので、当日はぜひ早めに見物場所を確保しよう。

▼会場:Oxford & Flinders Sts., Darlinghurst
▼日時:3月4日(土)7PM~11:30PM
▼料金:無料
▼Email: reception@mardigrasarts.org.au
★Web: www.mardigras.org.au/2017-festival-event-guide/sydney-gay-and-lesbian-mardi-gras-parade


オール・アバウト・ウーマン
All About Women

今年で5年目となる、「女性」をテーマとしたトークとディスカッションのイベント。オーストラリアの他、アイスランド、ドイツ、マレーシア、フランスなどから20人のゲスト・スピーカーを迎え、平等、見えない壁や暴力、教育、メディアでの女性描写、戦争による影響などさまざまなテーマが語られる。複数のプログラムのチケットを買うと割引もあるので、たくさんの刺激を受けに行ってみよう。過去の同イベントの模様は、公式ウェブサイトからYouTubeやiTunesなどでも見ることができる。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:3月5日(日)10:30AM~8:30PM
▼料金:プログラムにより異なる
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: aaw.sydneyoperahouse.com

©Africultures Festival
©Africultures Festival

アフリカルチャーズ・フェスティバル2017
Africultures Festival 2017

オーストラリアでアフリカの文化や食を体験できる1日限りのフェスティバル。音楽、ダンスなどのステージや、アフリカ各国のフード屋台、カラフルな布製品やアクセサリーなどのショップ、太鼓のワークショップ、キッズ向けのフェイス・ペインティングや仮面作り体験など盛りだくさん。アフリカの風土や文化にインスパイアされたファッションでモデルが練り歩くパレードも必見。

▼会場:Wyatt Park, Church St., Lidcombe
▼日時:3月11日(土)11AM~6PM
▼料金:入場無料
★Web: africultures.com.au


ザ・グリーン・ギャザリング
The Green Gathering

クローバーをシンボルとする聖パトリック・デーを祝うお祭りがサリー・ヒルズで開催。聖パトリック・デーはアイルランドにキリスト教を広めた聖人・聖パトリックの命日で、緑色の物を身に付けて祝うのが習わしだ。セントラル駅からすぐのイベント会場では、マーチング・バンドの演奏、アイリッシュ・ダンサーのパフォーマンス、子どものパレードなど、家族で楽しめるプログラムがたくさん。

▼会場:Prince Alfred Park, Chalmers St., Surry Hills
▼日時:3月19日(日)12PM~6PM
▼料金:無料
▼Email: events@sydneystpatricksday.com.au
★Web: sydneystpatricksday.com.au/fw-event-slug/the-green-gathering

 


GOURMET



テイスト・オブ・シドニー
Taste of Sydney

食欲の秋の始まりはセンテニアル・パークで! トルコ料理の「Efendy」、スペイン料理の「Mercado」、南アメリカ料理の「Tequila Mockingbird」など話題のファイン・ダイニングのトップ・シェフたちに料理を、お財布に優しく、なおかつ気持ちの良い野外で楽しめるテイスト・オブ・シドニー。特設バーも出る他、チーズやワインのテイスティング、音楽ライブ、料理教室、人気シェフによる料理のライブ・デモンストレーションなども。チケットによりグラス・ワインや会場内で使えるクレジットがセットになっており、事前予約がお得。

▼会場:Brazilian Fields, Centennial Parkland, Loch Ave. & Dickens Dr., Centennial Park
▼日時:3月9日(木)5:30PM~10PM、10日(金)12PM~4PM、5:30PM~10PM、11日(土)12PM~4PM、5:30PM~10PM、12日(日)12PM~5PM
▼料金:一般$25~155(※会場内では専用通貨「テイスト・クレジット」が必要。チケットに追加して購入可)
▼Email: tastefestivalsaus@img.com
★Web: sydney.tastefestivals.com


オレンジ・フード・ウィーク
Orange F.O.O.D Week

「NSW州のフード・バスケット」と呼ばれる、シドニーから内陸へ車で3時間半の農産地オレンジ。ワインの産地としても知られるオレンジ各所で開かれるこのイベントは、おしゃれな長いテーブルで大勢の人と味わう「100マイル・ディナー」、オレンジのグルメを生産者から直接買える「サンデー・マーケット」、美しい秋の夜を楽しめる「ナイト・マーケット」など、おいしいイベントが目白押しの10日間。ワインの試飲もできるワイナリーでのランチなども人気で、既にチケット完売のプログラムもあるので予約はお早めに。

▼会場:Orange, NSW
▼日程:3月31日(金)~4月9日(日)
▼時間・料金:プログラムにより異なる
★Web: orangefoodweek.com.au

 


FILM



フランス映画祭
Alliance Française French Film Festival

語学学校アリアンス・フランセーズ主催のフランス映画祭。セレブな海洋学者の人間ドラマ『The Odyssey』、ナタリー・ポートマンとリリー・ローズ・デップが姉妹役で共演する『Planetarium』、クロージング作品の『A Bun in the Oven』など、ロマンスからコメディー、ドキュメンタリーまで幅広い作品が英語字幕付きで上映される。同映画祭はシドニー、パラマタの他、メルボルン、パースなど各都市で開催。

▼会場:Palace Norton Street他、シドニー4会場
▼日程:3月7日(火)~30日(木)
▼時間:プログラムにより異なる
▼料金:大人$20、コンセッション$17、子ども$14.50、25歳未満$15.50 ※特別イベントは別料金
▼Email: info@affrenchfilmfestival.org
★Web: www.affrenchfilmfestival.org

 


THEATRE


Photo: James Green
Photo: James Green

舞台「アウェイ」
Away

オーストラリア出身の劇作家マイケル・ガウが1986年に発表し「オーストラリアの家族像」を描き彼の代表作となった「アウェイ」。この現代の古典とも言える温かな名作を、シドニー・シアター・カンパニーが特別キャストで贈る。舞台は67年のクリスマス、3組の家族がそれぞれの思惑や目的を抱えて海辺の街へと向かっていた。物語の要は3人の母親。子どもを亡くした者、自分自身を失うことを恐れる者、「手放す」ことを学ぼうとする者など、傷や孤独を抱えた人びとのそれぞれの人生が交錯する。

▼会場:Sydney Opera House
▼日程:上演中~3月25日(土)
▼時間:日程により異なる
▼料金:大人$99、土曜夜$105、シニア$90、コンセッション$79、プレビュー$77、30歳未満$77
▼Email: boxoffice@sydneytheatre.com.au
★Web: www.sydneytheatre.com.au/whats-on/productions/2017/away

Photo: Dylan Evans
Photo: Dylan Evans

舞台「ドラキュラ」
Dracula

数々の映画やテレビ・ドラマの題材になってきたゴシック古典文学『吸血鬼ドラキュラ』が、現代演劇の「Shake & Stir Theatre Company」とブリスベンの劇場QPACの手によってステージに復活。総合アート・サイト「ArtsHub」が星5つを付け「エレクトリックなステージ」と評した舞台をお楽しみに。シドニー公演を皮切りに、今年9月にかけてキャンベラやアデレード、ゴールドコーストなど他都市でも公演予定。

▼会場:Riverside Theatres, Cnr. of Church & MarketSts., Parramatta
▼日時:4月1日(土)~4日(火)
▼料金:大人$52、コンセッション$47、30歳以下$38
▼Tel: (02)8839-3399
★Web: riversideparramatta.com.au/show/dracula

 


EXHIBITION


Photo: Amelie Raoul
Photo: Amelie Raoul

チリ・フィリー「クロシェ・ソーシャル」展
Chili Philly: Crochet Social

写真投稿サイト「インスタグラム」発、14万人のフォロワーを持つ、メルボルンの編み物作家「@chiliphilly」ことフィル・ファーガソン。「友達作りのために始めた」というハイ・クオリティーなニットのハンバーガーやピザなどユニークな形の被り物に、ちょっと自虐的でユーモラスな人柄が相まって人気に火が点き、今回初となる単独展をダーリングハーストで開催。編み物とは思えない精巧な作りやキュートなデザインを生で観られるこの機会をお見逃しなく。

▼会場:Australian Design Centre, 101-115 William St., Darlinghurst
▼日時:開催中~3月15日(水)11AM~4PM(日・月休)
▼料金:無料
▼Tel: (02)9361-4555
★Web: australiandesigncentre.com/chili-philly

Philip Pearlstein Andy Warhol in New York City c1949, Philip Pearlstein papers, Archives of American Art, Smithsonian Institution
Philip Pearlstein Andy Warhol in New York City c1949, Philip Pearlstein papers, Archives of American Art, Smithsonian Institution

アドマン「ポップ・アート以前のウォーホル」展
Adman – Warhol before pop

キャンベル缶の絵などで知られるポップ・アートの旗手、アンディー・ウォーホルのキャリアのうち、早期の作品に焦点を当てた展覧会。ポップ・アートで名を馳せる以前、広告関連のデザインなどを手掛けていたウォーホルは、商業イラストの分野でも賞を獲得するなど才能を発揮。同展では彼が手がけた広告写真やイラスト、ショー・ウィンドウのディスプレイの再現など、一般公開が初となるものも含め300点以上が一堂に会す。20世紀で最も影響力のあるアーティストの1人となったウォーホルのひらめきの源泉を確かめてみては。

▼会場:Art Gallery of New South Wales, Art Gallery Rd., Sydney)
▼日時:開催中~4月30日(日)10AM~5PM(水曜のみ10PMまで開館)
▼料金:大人$18、コンセッション$16、子ども(5~17歳)$8、家族(大人2人+子ども3人まで)$44、5歳未満無料
▼Tel: 1800-679-278
★Web: www.artgallery.nsw.gov.au/exhibitions/adman

 


EXPO



ペンリス・ワーキング・トラック・ショー
Penrith Working Truck Show

タンク・ローリー、消防車、大型トラックなど、オーストラリアの産業を支えるありとあらゆる「働く車」が集合する、今年で30年目のトラック・ショー。数々の働く車が並ぶ様はまさに圧巻。その他、オーストラリアのカントリー歌手アダム・ハーベイらのステージや、子どもたちには無料の乗り物などのお楽しみも用意されている。ぜひ家族で出かけてみよう。

▼会場: Museum of Fire, 1 Museum Dr., Penrith
▼日時:3月19日(日)8AM~4PM
▼料金:大人$35(1人につき16歳以下の子ども3人まで無料)、コンセッション$25
▼Tel: (02)4731-3000
★Web: www.pwts.com.au

 


SHOPPING


メイカーズ&シェイカーズ・マーケット
The Makers and Shakers Market

マリックビル駅から徒歩10分の会場で開催される、「作り手の顔が見える」マーケット。出店するクリエイターたちによるおしゃれな日用品、家具、アクセサリーや雑貨、衣類、文房具、ブーケ、アート作品など、ハイ・クオリティーな手作り品が並ぶ。一般の小売店には出回っていないアイテムも多いので、プレゼントや自分へのご褒美を探すのにもぴったり。フードの出店もあり、屋内でのマーケットなので天候や気温を心配せず買い物を楽しめるのもうれしい。カードが使えない店もあるので現金を用意して行こう。

▼会場:Marrickville Town Hall, 303 Marrickville Rd., Marrickville
▼日時:4月1日(土)10AM~3PM
▼料金:入場料$2
★Web: themakersandshakers.com/market-date

 


OPERA


©Opera Australia
©Opera Australia

ラ・ボエーム
La Bohème

プッチーニ作の人気イタリア・オペラ。ボヘミアンな芸術家の卵たちが住む屋根裏部屋で、貧しい詩人ロドルフォは階下に住む体の悪いお針子ミミと恋に落ちる。恋人同士になった2人だが、ミミの病気の治療費を工面できないロドルフォは、彼女のために身を引き、ミミは子爵の愛人に。時が流れ、最期は愛する人のそばで死にたいと願うミミがロドルフォの前に現れ……。

▼会場:Sydney Opera House
▼日程:開催中~3月24日(金)
▼時間:日程により異なる
▼料金:一般$45~368、コンセッション$45~334、17歳未満$23~199
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/oa17_la_boheme.aspx

©Opera Australia
©Opera Australia

トスカ
Tosca

舞台は1800年、共和制が崩壊し王による恐怖政治が行われていたローマ。王制側の警視総監スカルピア、共和主義者として政府に追われるアンジェロッティ、彼の同志・カヴァラドッシと、その恋人で歌姫のトスカ。時代に翻弄される人びとのスリリングで哀切あふれる生き様を、数々の名曲に乗せて贈る。1900年の初演から今も色あせない同作の魅力を堪能しよう。

▼会場:Sydney Opera House
▼日程:上演中~3月31日(金)
▼時間:日程により異なる
▼料金:一般$45~338
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: opera.org.au/whatson/events/tosca-sydney

©Opera Australia
©Opera Australia

カルメン・オン・シドニー・ハーバー
Carmen on Sydney Harbour

オペラ・ハウス外の特設会場でシドニー湾を背景に、初心者でも親しみやすいオペラ「カルメン」を観るチャンス。舞台はスペイン、ドン・ホセ伍長はならず者のカルメンの魅力に取りつかれ、婚約者も仕事も捨て、カルメンの仲間の盗賊団に入る。しかし心の赴くままに生きるカルメンを闘牛士エスカミーリョに奪われ、「自由に生まれ自由に死ぬ」と言うカルメンに逆上したホセは彼女にナイフを向ける。人間の弱さや欲望などを心躍る音楽に乗せてつづる、名作オペラを楽しもう。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:3月24日(金)~4月23日(日)7:30PM
▼料金:一般$99~359
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: opera.org.au/whatson/events/carmen-on-sydney-harbour

 


MUSIC


Photo: Charlie Gray
Photo: Charlie Gray

カサビアン公演
Kasabian

イギリス出身、電子音を多用したダンサブルなロックで世界中の音楽フェスティバルを揺らすカサビアンが、オペラ・ハウスにやってくる。デビューから13年目の今も高い人気を誇り、ライブ・アクトとしても名高い彼らの、「Club Foot」「Fire」「Days are Forgotten」などの名曲の他、未発表曲も聴けるという2日間限定の公演をお見逃しなく。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:3月8日(水)、9日(木)9PM
▼料金:一般 $89~159
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/kasabian-2017.aspx


ジェイムス・ヴィンセント・マクモロー公演
James Vincent McMorrow

3年前にビビッド・シドニーでのライブがソールド・アウトになったアイスランドのシンガー・ソング・ライターのコンサート。繊細なファルセット・ボイスと神聖な響きのメロディー、そこに現代的なエレクトロ・サウンドが加わり、4ピース・バンドと共に最新アルバム「We Move」の楽曲を惜しみなく披露する。ボン・イヴェールやシガー・ロスなど、静かに魂に呼びかけるような歌声が好きな人にぴったり。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:3月17日(金)8PM
▼料金:一般 $59~99
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/james_vincent_mcmorrow_2017.aspx


イタリア・ロマン派「ベートーベンとメンデルスゾーン」
Italian Romance Beethoven and Mendelssohn

オーストラリアン・ロマンチック&クラシカル・オーケストラによる、ロマン派作品の夕べ。曲目は、ベートーベンの序曲「コリオラン」、遊び心満載の「12のコントルダンス」、コンサート・マスターのレイチェル・ビーズリー(写真)のバイオリンで贈る「ロマンス」、メンデルスゾーンの交響曲第4番イ長調「イタリア」など、ロマン派音楽に酔いしれることができる。

▼会場:City Recital Hall, Angel Pl., Sydney
▼日時:3月25日(土)7:30PM
▼料金:プレミア席$95、大人$65~75、コンセッション$60~65、学生$30~35、17歳未満$25~30
▼Tel: (02)8256-2222
★Web: www.arco.org.au


イルマ公演「オータム・レイン・ライブ」
Autumn Rain Live 2017: Encore concert by Yiruma

日本で一大センセーションを巻き起こした韓国ドラマ「冬のソナタ」の挿入曲を担当したことでも知られるニューエイジ系ピアニスト、イルマの一夜限りのオペラ・ハウス公演。韓国生まれイギリス在住のイルマは、ロマンチックな演奏が人気で作曲もこなす実力派。公演は5月だが早くも一部の席が売り切れになるほどの人気ぶりなのでチケット予約はお早めに。ブリスベンでも5月18日に公演予定。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:5月16日(火)8:30PM
▼料金:一般 $79~229
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/autumn_rain_live.aspx

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る